キャラクターの見せ方とファンの想い

キャラクターを好きになったファンは『キャラの存在をもっと確かめたい』と思っています。

私自身、アニメやゲームが好きで様々なキャラを好きになり、
色んな一面を見たい・実際に行った場所に行きたい・グッズを持って近くに感じていたい・・・と思います。
それはただの画像ではなくキャラクターは存在している者だと感じていたいんですよね。

キャラクターは育てるもの・・・多くの時間とお金も必要

そんなファンの想いを現実に叶えたい時
多くの人を巻き込むイベント開催やグッズ販売など、集客が見込めないと
費用がかかるばかりで赤字になり次も開催なんてとんでもない!といった状態に陥ります。

これではせっかく生まれたキャラクターも寂しい想いをしてしまいます。

ある程度の費用を稼げるよう・・・集客が見込めるようキャラクターを育てることも必要になってきます。

キャラクターをファンと共に育む手段

キャラクターを育てていく手段は色々あると思いますが
私はキャラクターの多くの表情を見せていくことも重要ではないかと思ってます。

どんな人気アニメも、どう見せていくかの積み重ねがあって育ちました。
時にはファンから発想を得ることもありますし、物語の中で成長するキャラクターもいます。
紆余曲折を経て国民的アニメになった作品もたくさんあります。

アニメ発信ではなく地方や商品から生まれた
キャラクターはどうやって表情が見せられるのか・・・
たとえば

キャラが訪れた先の感想を伝える。

マンガで同じキャラ同士の会話を連載してみる。

普段どんな過ごし方をしているか絵日記風に見せる。

などはどうでしょうか?
ただ『こういう設定です!』って説明文を見せるよりも
場面を見せるだけでもグッと引き寄せられると思います。

今後、自分でも実践しつつ、もっと具体的に説明していきたいと思います。







イラスト・キャラクター・アニメーション
▽お仕事を承っております▽

ABOUTこの記事をかいた人

さらえみ

キャラを愛するアニメ系イラストレーター。
若い世代に親まれるアニメタッチのイラストやショートアニメーションを提供するフリーランス。

WEBサイトを通じた依頼に特化しています。
現在2万pv/月を達成し、全国から様々なご依頼を受けております。

アニメーター(動画・原画)/映像制作会社のCGデザイナーを経験。

働く知恵を教えるイラストレーター支援もしており、関連イベントや即日埋まるセミナーを運営しています。

「2次元を心から楽しめる3次元へ」を理念に活動を続けています。