プロフィールまんが

元アニメーターの私がフリーランスのイラストレーターになるまで【2/4】

2016/08/30

大長編プロフィールマンガ2本目・アニメーター編です。
社会人として、いろいろ支払うのは当然なんだろうけど
当時の収入を思うとよく払って生きてきたなと思います。
イラストレーターのプロフィール漫画_3
イラストレーターのプロフィール漫画_4
>>3本目につづく

衝撃的な専門学校時代

上記マンガには描いてませんが、専門学校に行った時は同志が沢山居て
漫画やアニメ好きなままでいていいんだ!!!』と衝撃を受けました。

中学~高校ではアニメ好きな私は日陰ぐらしでしたから。

専門学校では、アニメの基礎知識とデッサンの授業など。
ゲーセンのバイトで貯金しながら通っていました。

アニメーター時代はタフにならざるをえない!

アニメーター時代は、普通では味わえないいろんなことがありました。

手が汚れるので割り箸でスナック菓子つつきながら、
朝しめきりの作画を夜通しでやったのが一番印象的でした。

鋭い刃物のように厳しい先輩から、お褒め頂いた時の開放感は極上でした。
メカはからっきしダメでしたが、よく動く小動物やセクシー系が得意でした。

今の状況もそうですが、基礎知識学んだつもりだった専門学校よりも
実際働いてから学ぶことのほうがたくさんあります。

『今はパソコンなんでしょー?』と聞いてくる人が本当に多いです。

違いますよー!
パソコンなのは、線画取り込んで色を塗る仕上げさんや美麗な背景を描く背景さん。
もしくは3Dアニメやさん。

絵コンテ、動画、原画と、主に『アニメーター』と呼ばれる作画マンは
今も紙と鉛筆で明日のアニメのために何百枚も描き続けているのです。
TVアニメ30分1本で作画は3000枚以上だったかな?

私も1カットで100枚以上描いたこともありました。

実際お給料は・・・

完全歩合制でした。やらねば稼げない。

あと、保険年金についてもあまり分かっていませんでしたね。
こんなに払うものあるの!?とビビったものです。

詳しい金額は言えませんが、昇給勤務時間諸々考えても
バイトなどで普通に働いたほうがマシです。

後にデザイナーとして正社員を経験したので分かったことです。

>>3本目につづく

The following two tabs change content below.
さらえみ
アニメも作るイラストレーター。20代はアニメーターとして月100枚程度作画し、後にキャラクター映像制作会社のデザイナーとしてキャラクターデザインからCGアニメーション制作まで携わっていました。『2次元と3次元を元気にする』をモットーに活動中。キャラクターに感情を与え社会で活躍してもらうために知恵と能力を提供します。大阪府阪南市に在住。既婚者。アニメ・声優好き。
3年後のあなたを変える!爆発スタートクリエイター200人祭り!

ご依頼はこちらから
一般企業様、出版・企画会社様、広告代理店様 等からの
お仕事のご依頼お待ちしております。

-プロフィールまんが
-