キャラクター イラスト PRアイデア

営業ツールにもしっかり活躍。イラストの使い方を紹介。

2017/01/29

画像や動画は当たり前の世界に。

パソコンより使いこなしやすいスマホを使うユーザーのほうが増えつつあり
WEBコンテンツも文章だけでは時代遅れと言われつつあります。

そんなイラストや動画の効果について簡単に説明します。

何気なく活用していたけれど
見て一瞬で入る情報がこんなに違うということを感じて頂ければ嬉しいです。

WEBサイトで親しみを持って欲しい時に

イラストがあるとWEBサイトが

写真だけでは伝えきれない雰囲気を出す際に様々なカタチでイラストは使われています。
キャラクター系のイラストは、見てくれた人にちょっとでも親しみを持って欲しい時に効果的です。

SNSで情報発信の目印に

SNSでもイラストが活躍
フォロー数が多いほど見逃しがちなTwitterやFacebookの投稿。
文章だけだと読む負担があり、拡散される前にスルーされてしまいます。

そこで、写真やイラストを付けてみると華やかになり、すぐ目に止まります。

写真もいいですがイラストだとオリジナリティが増して
パッと見た時の印象に大きく差が出ます。

マンガはわかりやすく伝える手段

マンガは伝わりやすいツール

マンガの持つ大きな効果は、ストーリーで共感しやすいこと。
そしてわかりやすく伝えられることです。

中身を知らなくても『おっ読んでみよう』とついつい読んでしまうのがマンガです。
制作するのも大変ですが、それだけ効果は大きく作用されます。

様々な表現方法で視聴者を引き込むのが動画

動画という手もあります
SNSやスマホでも簡単に動画が扱えるようになり、動画での表現もすっかり当たり前になってきました。

動画だと画像より様々な表現方法が可能になります。
撮影した動画は、空間や雰囲気などを伝えられます。

動くイラストやアニメーションは
撮影したものより見た目がシンプルになり
優しい・かわいい・インパクトをしっかり演出でき
見る人や顧客に強い印象を与えることができます。

TV以外の動画は、まだまだこれから可能性を秘めた手段だと思います。

ファンの心を掴むキャラクター

キャラクターは幅広い展開が期待
キャラクターは見る人との距離を縮める営業マンです。

認知されるとキャラクターを見つけただけで『あの会社だ!』と気づいてもらえます。
さらにキャラを通して良さを知ってもらいファンが増えることもあります。

ただ、商品になんでもいいからキャラを貼っただけでは
多くの人に認知されファンを増やすことは出来ません。

キャラクターの目的や性格をしっかり考え
事業に絡めて感情豊かに発信していくことが重要だと私は思います。

情報が精査されて雰囲気や感情を伝えやすいのがイラスト

多くの情報をわかりやすく変換して発信できるのがイラストの能力です。

色んな活用方法はありますが
良いものをより良く見せて、多くの人に広く伝えられます。

あらためてイラストの効果を認識し、活用いただけましたら幸いです。

The following two tabs change content below.
さらえみ
フリーランスのイラストレーター。20代はアニメーターとして様々な作品に携わり、キャラクター映像の制作会社にてデザイナーとして企画段階からキャラクターデザイン、映像用作画まで経験。現在は、技術だけで独立するのは無謀だと思い、マーケティング等を学び、キャラクターと共にお役に立てられるように『2次元と3次元を繋げて豊かに』を軸に活動中です。大阪と和歌山の間に在住。主婦兼業。アニメ・声優好き。
ご依頼はこちらから
企業様や事業者様からの
お仕事のご依頼お待ちしております。

-キャラクター, イラスト, PRアイデア