スキャン派?ペンタブ派?デジタルでイラストを描く方法

デジタルで描きはじめたのは高校一年生からでした!イラストレーターのさらえみです(๑╹◡╹)

パソコン使ってイラスト描くの便利ですよね。
何度でも修正しやすいですし、水彩からアニメ塗りまでいろんな表現が手軽にできちゃいます。

ですが初めてパソコンでイラスト描くのを挑戦すると慣れるまで相当時間がかかりますよね。

私も今でこそペンタブレット握って画面見ながら描けるようになりましたが、それまでは様々な道のりを経て現在に至っています。

今回はそんな私が辿ってきたデジタルイラストを描くいろんな方法を紹介してみます!
(ということは、この方法でなら私は一通り描けるということ・・・( ˘ω˘))

ペンタブなんか慣れへんわーヾ(:3ノシヾ)ノシという人でも別の描く方法もあるので参考にしてみてください。

アナログで線画を描いてスキャン→パソコンで彩色

多くの方が描きはじめの頃には、この方法を通ってきたのではないでしょうか。

線画だけは鉛筆やペンで仕上げて、スキャナーでパソコンに取り込む。
パソコンで描画ソフトを使って彩色して仕上げます。

人によると思いますが・・・
慣れないうちはデジタルで線画を描くのが大きなハードルなのでアナログで描いたほうが早いです。
スキャンした時に、パソコン上で綺麗に線が見えるよう調整する必要はあります。

彩色は描画ソフトを駆使して塗るのですが、線画ほど手癖は気になりませんし難しくありません。

スキャナーは私の学生時代に比べたらかなり購入しやすいと思います(^-^;

ちなみに私は家にペンタブもスキャナーも無い時に、デジカメで線画を撮影したり(影が入るので綺麗に取り込めません)マウスで直接描いたり(もちろんガタガタの見れたものではありません)していました(*・ε・*)

アナログで彩色まで描いてしまってスキャン→パソコンで加工仕上げ

この方法をやってる方も結構います。

アナログで色塗りもしてほぼ完成に近いところまで描く。
それをスキャナーで取り込んで描画ソフト等を使ってデジタルならではの加工を施します。

デジタルならではの加工は、スキャンした絵をコピーして色調整したものを上から重ねたり、発光したようなキラキラしたエフェクトを付けたり(印刷すると発光感は無くなりますが)、ぼかしたり歪ませたり・・・

デジタルで出来ることは描くだけじゃないので完成にいろんな可能性を出してくれます。

映像編集ソフトであるAdobeAfterEffectsでイラストにエフェクトを足して仕上げる方もいるそうです。高価なソフトなので仕上げのためだけにAfterEffectsを導入するのはオススメしにくいです(^-^;

ペンタブで描く

デジタルで描くのにオーソドックスな方法です。
ホント慣れるのに時間はかかるものの画面に直接描けるって楽しいですよね!

私はペンタブで描けるようになったのは20代半ばですー。
仕事で必要になって使うようになりました。でも描くのに慣れたのはお絵かき掲示板のおかげです(笑)

描画ソフトとペンタブレットが当然必要です。
どちらも種類があって分からないと思うので、少し選び方も書いておきます。

描画ソフトの種類で何が違うのか

絵が描けそうなソフト、無料から有料まで色々あります。

↓パッと調べただけでもこんな感じ↓

イラストやマンガで線画から描くのに必須なのは『手ぶれ補正』という機能。

この機能のおかげでデジタルでも滑らかな線が引きやすくなっています。
『手ぶれ補正』が付いてるソフトを選んで下さい。

無料だとファイヤーアルパカが代表的で、有料だとPainttoolSAICLIP STUDIO PAINTにも付いています。

有料でもPhotoshopには『手ぶれ補正』が付いていないので、Photoshopでイラストやマンガは描きにくいです。
彩色や仕上げには使えるんですけどねー

ペンタブレットの種類で何が違うのか

ペンタブのメーカー最大手はWACOMです。
大半の方がWACOM製を使っています。

が、WACOMの中でも種類多いんですよね・・・(^-^;

私が使っているのはIntuos4で今は生産されてませんがおそらく現行モデルで近いのはこれ。
値段もこんな感じでした。ご立派(笑)

同じIntuosなのにもっとリーズナブルな↓これは外出先で描く用に持っています。
↑に比べるとかなり小さいです。

似たシリーズで値段の違うものもありますが同梱されてる描画ソフトによる違いです。
このシリーズは他にも似た種類がいくつかあります~!

値段以外に何が違うかと一言でいうと描き味です。

紙に描いたような質感があって持ちやすいサイズ&重さのペンが、価格もご立派な(笑)Intuos Proです。

安いほうは堅いプラスチックにカツカツ描いてる感触です。

実際Intuos4使っていてIntuos Drawも使うと、圧倒的にIntuos4のほうが描きやすいです

私が外に出ない理由のひとつがこれです(`・ω・´)
Intuos4持って外出てもいいけどそこそこ大きいし面倒すぎる。

下書きラフ画以外は仕事場でじっくり良い環境で描きます~!!

直接画面に描ける液晶タブレットもありますね。
最近種類が多くなってきて比較的手に入りやすい価格のものも出てきているようです。
私はペンと画面の隙間が気になる&板タブに慣れきってしまったので今のところ液タブの導入は見送っています。

サイズも色々ありますが、腕グリグリ動かして描くタイプの人は大きいサイズ、手首だけ動かして描くタイプの人は小さいサイズが良いです。
私は手首派。

ペンタブは電気屋等のお店で実際試してみるのをオススメします。

Illustratorを使ってパスで描く

Illustratorを使ってパスで描く
AdobeIllustratorだとペンタブレットを使わなくても描けます。

打っていった点の通りに線や図形が出来ていく描き方になります。
その点のことをパスと呼びます。

パスツールは普通に鉛筆で描く感覚とは違うのでこちらも慣れるのに時間はかかります。
Photoshopにも簡易的なパスツールがあります。

Illustratorは元々グラフィックデザインや印刷に重宝するソフトでイラストレーターさんでIllustratorを使って描く方も非常に多くいらっしゃいます。

Illustratorで描く絵は、アバター系の素材イラストや主線のないイラストが代表的ですが、ペンタブで描くのと大差ない描き込みのイラストも頑張れば作れます。

拡大縮小しても画質が衰えないデータを作れるので仕事でもよく使います。
何かと便利なので使えて損は無いですよ~!

描画ソフトを使って特殊パスを調整して描く

描画ソフトを使ってパスで描く
先に紹介したPainttoolSAIやCLIP STUDIO PAINTにもあるんですが、ペンタブで描いた線にパス(点)が付いており描いた後からその点を触って線を調整していく方法があります。

私もペンタブ慣れない頃はこれで描いてた時期もありました!

多少線が狂っても後から調整できる安心感を持って描くことができます。
ペンタブに慣れないうちはこれを使うのもオススメです。

意外といろんな方法があります!

デジタルイラスト=ペンタブレットで直接描くー!と思いがちですが、このように違う方法も存在します。
私は描いてくうちに、紹介したもの一通りやっていたので、今は作る物に合わせて描き方を変えています。

上手く描く工夫はあっても描き方にルールは無いと思うので自分に合う方法を見つけて見て下さいー!







イラスト・キャラクター・アニメーション
▽お仕事を承っております▽

ABOUTこの記事をかいた人

さらえみ

アニメーション・キャラクター・イラスト・マンガ制作をメインに活動してるフリーランスです。
アニメーターとして3年、映像開発のCGデザイナーとして約10年、アニメや絵を描く仕事を経験。フリーランスになる時に1人で手探り状態では無謀だと考え、色々勉強しながら活動続けています。『2次元を心から楽しめる3次元へ』をモットーに、キャラクターもクライアントも作る人も見る人も楽しんでもらえる仕事を目指しています。大阪と和歌山の間に在住。主婦兼業。アニメ・声優好き。