キャラクター制作の流れ

キャラクターデザインや似顔絵キャラクターのご依頼の問い合わせを頂いた後の流れです。

1.打ち合わせ

平日24時間以内にメールで返信いたします。
その際、以下のような事項をお聞きし、発注内容を決定していきます。

・使用用途、場所、媒体、企画内容
・予算
・納品日
・制作するイラスト点数
(メインビジュアルだけか、表情・ポーズ・衣装別も必要なのか)
・サイズ
・納品データ形式

特に決まっていない項目は、使用用途・企画内容などから適切なものを提案いたします。

電話や訪問(大阪・神戸・京都南側・和歌山北側の沿線に限ります)は、ご発注確実な場合に、日時を決めて対応しております。制作に注力するためこのような形を取っております。

発注の参考にこちらもご覧下さい。

2.ラフ制作

打ち合わせ内容を元に大まかなラフを作成し、確認いただきます。
内容によってはパターンをお出しして選んでいただく場合もございます。
完成前後での大きな修正やそれに伴う追加費用を避けるために重要な工程です。

ラフでは以下について確認いただきます。

・デザイン
キャラクターの髪型服装などのデザイン。
「これは外せない」ようなポイントがあればご指摘いただきます。

・ポーズ
キャラクターの仕草。
内容によっては発注者様のほうが詳しい場合もありますので確認いただいています。

・配色
赤か青かがわかるくらいで、メインとなる色を確認いただけます。
薄めに着色しているので完成時とは色の濃さや細かい部分の配色が変わります。

大きく違う場合は修正し再度確認いただきます。
細かい調整は線画や仕上げ時にまとめる場合があります。

3.線画制作

ラフでOK頂きましたら線画を作成し、確認いただきます。
その際、ラフで気になった点の調整もいたします。

複雑なイラストの場合は、線画のラフで確認いただく場合もあります。

描画専用ソフトのPainttoolSAIや、CLIP STUDIO PAINTを使用しています。
AdobeIllustratorを使用する場合もあります。

4.彩色仕上げ→納品

線画でOK頂きましたら彩色をして仕上げます。

完成形を画像で確認頂き、問題なければ納品データを作成します。
オンラインストレージでデータをお送りいたします。

納品データは、jpg、png、gif、psd、aiなど対応できます。
特にai(AdobeIllustrator形式)の場合は制作方法が違いますので事前にお伝え下さい。

5.請求書発行・ご入金いただいて完了

データをお送りする際に請求書をPDFで送付いたします。
郵送をご希望の場合は、連絡いただきましたら対応いたします。

後日、別ポーズ等の追加発注について

二次利用はキャラクター同様の条件で、イラスト制作として承ります。

二次利用について

キャラクターのデザインを直接改変しない』のであれば、直接ご依頼いただいた事業・企業様の使用に限り、自由にご利用いただけます。

文字を付け加える、媒体を変えて利用する、グッズで販売するなど、せっかく制作したものですので広く利用いただければと思っております。
とはいえ、用途に合わせてデザインしていますので上記のような条件を付けております。

広告代理店、製作会社など元クライアントが存在する場合は同じ企画内で自由にご利用いただけます。
ただし、販売用グッズ化はその都度ご相談下さい。

著作権について

著作権は基本的に譲渡しておりません。
譲渡希望の方は別途ご相談下さい。有料にて対応いたします。

当サイトの画像・文章について、 無断の二次使用・複写・転写等は禁止しております。