プロフィール

さらえみ <Illustrator/Designer>

1982年生まれ 神戸出身/南大阪在住
Saraemi graphics. 代表 (個人事業主)

1982年兵庫県神戸市生まれ
2000年高等学校 デザイン学科 卒業
2002年アニメーション専門学校卒業
2002年アニメーター 原画/動画 として勤務
2005年映像開発会社/CGデザイナー 正社員 として勤務
企画・キャラデザ・アニメーション作画・進行管理など
2011年別会社のCGデザイナー 契約社員 として勤務
2015年イラストレーターとして独立
2019年アニメ分野専門のデザイン制作も開始

事業・活動

オリジナルイラストレーション制作
可愛くて清潔感のあるアニメテイストのイラストを提供。
広告イラスト、キャラクターデザイン、著名人似顔絵、PVアニメーションなど。

アニメ分野専門グラフィックデザイン制作
ファンに気に入っていただけるような、世界観やキャラクターを重視したデザインを提供。
パッケージデザイン、キービジュアルデザインなど。

ブログ運営
イラストやアニメ制作ノウハウから濃厚なオタクな話まで発信しています。

>>ご依頼は『お問い合わせ』からお願いいたします。


会員

フリーランス協会

受賞

もえしょく(R)プロジェクト抹茶擬人化 入選
もえしょく(R)プロジェクト水平器擬人化 グランプリ

講演

イラストレーターユニット 柿間久留乃プロダクション 主催 
コワーキングスペースSHINCRU クリエイター向けイベント登壇
株式会社オタクラウド主催 クリエイター向け勉強会&交流会
フリーランスイラストレーターお仕事セミナー(2017-2018)
大阪成蹊大学 講演
バンタンゲームアカデミー 非常勤講師(2016-2017)
クリエイター100人祭り(2015)

理念「 2次元の魅力で豊かな世界へ 」

アニメーターやデザイナー時代の頃から「このキャラクターはどういう仕草をするのか」「本当にこんな表情をするのか」「絶対にかわいくカッコよく表現する」といった点にこだわってきました。

アニメやマンガといったキャラクターが存在する「2次元」は、ただ見た目で楽しませるだけではなく、見知らぬ世界・多様な価値観を教えてくれて、信じられる身近な存在として、感動と癒やしを多くの人に与えていると私は考えます。

そんな世界が広がり、より多くの人の活力、豊かな人生を作る一部となるため、2次元の価値を感じてもらえる表現・活動を続けています。

キャラクター性を重視

キャラクターは見た目の良さはもちろんですが、多くの人は中身を知って好きになっていきます。そんなキャラクターの中身、性格が表れるものづくりを意識しています。

ファンやエンドユーザーへの効果

エンドユーザーが望むものは何かを見失わないようにユーザー目線を大事にしています。特にファンの目は肥えていることを念頭に置いて制作に臨んでいます。

説得力のあるクオリティ

クオリティが落ちてしまうとどんなに好きなキャラクターでも愛情が薄れてしまいます。公式としてのクオリティを常に出せるよう制作環境や技術を磨いていきます。

インターネットを駆使した活動

大阪在住ですが、都市部から離れた地方で制作しております。

イラストやデザイン業務は、都市部でないとなかなか働き口がありません。

場所に囚われない自由な働き方を実現するため、学生時代から親しんでいるインターネットを介して、仕事の受注を実現しています。

おかげさまで全国と取引ができており、本当に必要として下さっている方に見つけていただける事、少しでも認知に貢献できる点でも、この働き方を選択して良かったと思っております。

今後も発展していくITを駆使して、多くの人に楽しんでいただけるものづくりを提供していきます。

アニメとキャラクターの魅力

アニメ業界に貢献したくて、 社会人になって初めての職はアニメーターでした。
例に漏れず過酷な労働環境でしたが、数々のアニメ作品に携われた事は誇りに思います。

アニメの魅力は、ストーリーや精密な作画などありますが、私は主にキャラクターに惹かれています。

信念の強いキャラクターはとても魅力的で常に寄り添い勇気を与えてくれる存在です。

特にアニメキャラクターは設計された立体感と世界観や魅力的な声により、ワンシーンの絵でも独特の存在感を放っています。

好きなキャラクターが生きる世界を映像で見れて、アイテムを身につけると日々の活力が生まれ、好きなもの同士の繋がりで新たなコミュニケーションが広がります。
ただの絵ではない魅力とそれを表現する技術に憧れ続けています。

現在の仕事でも、アニメキャラクターのような魅力を出していきたいと思っています。キャラクター表現のプロである声優さん俳優さんとも仕事が出来ることを願っています。

クリエイター支援

独立してより良い仕事をしていくために、営業や金銭感覚の勉強を取り入れています。ずっと作る事しかしてこなかった私には、どれも目からウロコで「なんで今まで学校で教わらなかったんだろう」「もっと早く知りたかった」と思うものばかりです。

クリエイター未経験者ではなく、仕事ができる技術はあるけれど『働く環境に悩んでる方』『出来るなら独立したい方』に向けて、私が身に付けた事、役に立った事をお伝えしています。

3人のイラストレーターユニット『柿間久留乃プロダクション』では、私達が聞きたい大先輩方をゲストに、個人で仕事を続けるためのヒントを得られるイベントを開催しています。

講演やセミナーなど、個人で登壇する場合は一方的に話して聞くだけでは身につかないと感じ、何かしら体験できて持って帰れる工夫をしています。個人で主催し7回程開催したセミナーでは総勢30人以上の方にご参加いただき、現在は開催が難しくなってきたため『note』にて関連する情報を発信しています。

私自身も独立にあたって足りない知識を補えたのは、こういった集まりに参加してリアルな情報と気の合う人との繋がりが出来たからでした。

本業の合間を縫っての支援になっていますが、技術はあるはずなのに仕事環境に苦しむクリエイターの助けになり、業界全体の盛り上げ、クリエイター業の価値の底上げになればと考えています。

くわしいプロフィール

1982年 兵庫県神戸市生まれ

幼稚園に入る前からハサミで物を作るほどに幼い頃から工作が好きで、学生時代もずっと作ることや描くことが好きでした。

手塚治虫や藤子不二雄やセーラームーンなどを見て育ち、高校時代にアニメ放送されていたスレイヤーズという作品から様々なアニメやサブカルに興味を持ち触れてきました。

特にキャラクター性やコミカルさで楽しませて、物事を考えさせられる作品が好きでした。

しかし当時の時代背景や、過ごしてきたリアルな生活環境では、アニメやオタク文化は一般には受け入れ難い存在となっていました。

90年代後半からパソコンやインターネットの世界にも染まっていき、イラストで魅力を伝える楽しさや、 住む場所と関係無く繋がれる、リアルには無い広いコミュニケーションに夢中になっていきました。

2002年 アニメーター時代

専門学校に2年間通い、アニメーターとして勤務。

様々な作品を請負うスタジオで、こち亀・ふたりはプリキュア・ルパン三世・最遊記などなど・・・多くの作品で動画・原画を担当。昼夜問わず働いて毎月100枚以上は鉛筆で作画する日々を過ごし、アニメの基礎を叩き込まれました。

厳しい現場の中でも、技術が身に付き昇進していった事と、自分の作ったものが世の中に放映される事がとても嬉しかったです。

しかし、24時間体制で働いても賃金はバイト以下という想像を絶する労働環境だったため、貯金が尽きて退職。

2005年~ CGデザイナー正社員時代

映像開発会社にCGデザイナーとして入社。

初めての正社員待遇に感動しながら、約6年半の間、5本以上のプロジェクトで企画、デザイン、作画、アニメ制作、動画編集までトータルに携わりました。Adobe Illustratorでの作画、CGアニメーションの制作手法を学んでいきました。

こちらも残業や休日出勤も有るホワイトとは呼べない環境でしたが、アニメーター時代より遥かに良かったため残業も楽しみながら働いていました。

デフォルメされたキャラクターを動かすため、それまでのアニメ技術を活かしたり、デジタルの制作知識も培われていきました。長く務めていく上で、新人育成やチームのスケジュール管理なども任されるようになりました。

2011年~ CGデザイナー契約社員時代

結婚を機に南大阪へ移住。
移住により長距離通勤となりこのまま会社に居ても生活に疲弊し、昇格のチャンスも無いと判断し退職。

正社員で過ごしたこの仕事を一生続けられたら・・・とも思っていましたが、結婚してからはそれを上回るくらい仕事と生活の間でかなり疲弊していました。

そこで別の映像制作会社へ入社。
契約社員としてUIやエフェクトをデザインしていく仕事を経験するも、キャラクターや作画に関わる業務がほとんど無かったため3年で退職。

この3年で『生活が守られていても、全く興味が無く好きになれない物を作る事は私にとって非常に苦痛な事』だと気づきました。

地方ではキャラクターを生み出したり作画できる仕事に就けない。
無理に会社員を続けても自分自身の実績にはならない。
地方に移住しただけで、やりがいのあるクリエイター業を続けにくい状況に疑問を持つようになりました。

2015年 独立

この生活環境で培った能力を活かし、絵を描く仕事に就くには独立するしかないと考え、フリーランスに。

全くコネの無い状態から、仕事を得る方法や個人事業に対する考え方を学び、ほとんどの仕事をWEBサイトからご依頼いただけるようになりました。

クライアントや周りからいただける嬉しい反応や信頼、自身の実績に直結する責任感を肌で感じ、近い境遇で悩む方のヒントにもなれて、クリエイターとして刺激的で充実した仕事ができています。

2019年 アニメ分野でのデザイン業務も開始

パッケージデザインを中心にアニメ版権のグラフィックデザインを任されるようになりました。

好きなアニメ分野での仕事ですので大変光栄に感じる一方で、イラストレーターの仕事にも参考になる点が多く、良い影響を与えています。

最後までご覧いただきありがとうございます

今後は任された仕事に励みながら、

  • キャラクタープロジェクトに関わりたい
  • 声優さんと仕事をしていきたい
  • ポスターや壁面など街を彩る仕事をしたい

このような目標にも繋げ、より多くの価値を提供できるよう邁進していきます。

ー キャラクター/イラスト/アニメーション等の仕事を承っております ー

▼依頼に関する詳細を見る▼
▼依頼・制作のご相談をする▼