プロフィール

イラストレーター さらえみ

1982年生まれ
神戸市出身
大阪と和歌山の間に在住

アニメーターを約3年経験するも過酷な仕事環境により退職。
その後、映像開発のCGデザイナーとしてキャラクター制作やショートアニメのノウハウを培い約10年間携わる。

南大阪へ移住後、場所や時間に縛られず、能力を広く活かしたいと考え2015年にイラストレーターとして独立。

コネの無い状況からインターネットを通じて全国から依頼をいただくように。

アニメテイストで、楽しさ、親しみやすさ、魅力を表現していくスタイル。
企業・広告代理店・個人事業主など分野問わず仕事を受け付けている。

独立後は、専門学校講師や大学、クリエイター向けイベントでの登壇も経験。イラストレーターの支援をイベントやセミナー等を通じて行っています。

キャラクター活躍の場を広げて『より2次元を楽しめる3次元へ』を理念に活動をしています。

マンガやアニメ、声優さん、インターネット、和菓子が好き。

生い立ち

1982~ 生まれてから学生時代

幼稚園に入る前からハサミで物を作るほどに幼い頃から工作が得意で、学生時代もずっと作ることや描くことが好きでした。

手塚治虫や藤子不二雄、CLAMPやセーラームーンなどを見て育ち、高校時代にアニメ放送されていたスレイヤーズから様々なアニメやサブカルに興味を持ちはじめました。

パソコンやインターネットの世界にも染まっていき、90年代後半からネットを利用したコミュニケーションに触れていました。

2002年~ アニメーター時代

アニメーター
専門学校に2年間通い、アニメーターに。

様々な作品を請負うスタジオで、こち亀・ふたりはプリキュア・ルパン三世・最遊記などなど・・・多くの作品で動画・原画を担当。
昼夜問わず働いて毎月100枚以上は鉛筆で作画する日々を過ごし、アニメの基礎を叩き込まれました。

厳しい現場の中でも、自分の作ったものが放映されるのは非常に嬉しかったです。

しかし、24時間体制で働いても賃金はバイト以下という想像を絶する労働環境だったため、貯金が尽きて退職。

2005年~ CGデザイナー正社員時代

映像開発会社にCGデザイナーとして入社。

初めての正社員待遇に感動しながら、約6年半の間、5本以上のプロジェクトで企画、デザイン、作画、アニメ制作、動画編集までトータルに携わりました。Adobe Illustratorで作画しアニメーションを作る手法を学んでいきました。

CGデザイナー

デフォルメされたキャラクターを動かすため、それまでのアニメ技術を活かしたり、デジタルの制作知識も培われていきました。新人育成やチームのスケジュール管理なども任されるようになりました。

2011年~ CGデザイナー契約社員時代

結婚を機に泉南地域へ移住。
移住により長距離通勤となりこのまま会社に居ても生活に疲弊し昇格のチャンスも無いと判断し退職。

長く続けていたのでこのまま続けられたら・・・と思っていましたが、この時にはそれを上回るくらい仕事と生活の間で疲弊していました。

別の映像制作会社へ入社。
契約社員として3D映像にUIやエフェクトをデザインしていく仕事を経験するも、キャラクターに関わる業務がほとんど無かったためこれまで以上に疲弊していき3年で退職。

生活を削ってもキャラクターを生み出したり作画できる仕事に就けない。
会社員を続けても自分自身の実績にならない。
「クリエイターを続けたい」という希望に繋がりにくい状況に疑問を持つようになりました。

この3年で、生活が守られていても全く興味が無く好きになれない物を作るのは、私にとって非常に苦痛な事だと気づきました。

2015年~ フリーランスイラストレーターへ

この生活環境で培った能力を活かし、絵を描く仕事に就くには、独立するしかないと考え、フリーランスに。

全くコネの無い状態から仕事を得る方法や、個人事業に対する考え方を学び、ほとんどの仕事をWEBサイトからご依頼いただけるようになりました。

クライアントや周りからいただける嬉しい反応や信頼、自身の実績に直結する責任感を肌で感じ、近い境遇で悩む方のヒントにもなれて、クリエイターとして刺激的で充実した仕事を続けています。

▽これまでの経験をマンガにしてみました▽

「より2次元を楽しめる3次元へ」仕事への想い

アニメや漫画などの二次元キャラクターに勇気付けられてきたので、キャラクターイラストで誰かを楽しませるクリエイターでありたいと思っています。

より2次元を楽しめる3次元にするにはどうしたら良いのか。

過酷なアニメーター生活や、毎日残業が当たり前なクリエイター会社員の経験から、最善の作品を生み続けるには、忙しくても制作環境が健康で良好でないといけないと考えています。そのためには正当な価格での取引を目指さなければ・・・と経験に基づいたクリエイターの目線。

正当な取引のためには、ただイラストを制作するのではなく、仕事としての対応は当然として、生み出すキャラクターイラスト通じて人に楽しんでもらったり、親しみやすさや、愛される魅力を提供していきます。独立してから社会に価値を与えるという、クライアントの目線を培ってきました。

そして、ファンとしては違和感のないクオリティ、愛するキャラクターの展開、制作するクリエイターさんの活躍、長く続けて欲しい願いなど、キャラクターに夢中になりたいユーザーの目線は幼い頃から持ち続けています。

3つの目線のバランスを取り、2次元にも3次元にも貢献できる作品づくりを常に心がけています。

インターネットを駆使した活動

仕事を獲得するにあたってインターネットを最大限に利用しています。

独立当初は中心部から離れた地方に住んでいるため、生活環境変わっても続けられるようにと考えていましたが、元々学生時代からパソコンやインターネットが好きだったせいでもあります。

経験を重ねるに連れて、押し売りはせずに本当に必要としている方に自然に見つけてもらえるこの方法は、全国から効率よくご相談いただける他に、とても良好な仕事関係を築きやすく、非常に私に合っていると感じています。

和歌山と大阪の間

WEBを育てていくのは、より多くの人に声を届けることができるので、仕事獲得だけでなくクライアントの素晴らしい製品やキャラクターのPRにも貢献できるはずです。

インターネットはまだまだ発展していく世界なので、次々と新しいものを吸収して活動に活かしていきます。

アニメキャラクターへの魅力と想い

社会人になって1番最初は、アニメ業界に入りたくてアニメーターになっていました。

アニメの魅力はストーリーや精密な作画など多くありますが、私は主にキャラクターに惹かれています。

信念の強いキャラクターはとても魅力的で常に寄り添い勇気を与えてくれる存在です。

特にアニメキャラクターは、設計された立体感と世界観や魅力的な声により、ワンシーンの絵でも独特の存在感を放っています。

アニメーションで好きなキャラクターが生きる世界を見れて、キャラのアイテムを身につけると日々の活力が生まれ、好きなもの同士で新たなコミュニケーションが広がります。ただの絵ではない、生きた魅力とそれを表現する技術に憧れ続けています。

私のイラストでもそんなアニメキャラクターのような魅力を出したくて表現方法を磨いています。いつか既存のアニメキャラクターや、同様にキャラクター表現のプロである声優さんとも仕事が出来たらと思っています。

イラストレーター支援について

独立して好きな仕事をしていくためにビジネスを中心に様々な勉強をしています。
どれも目からウロコで「なんで今まで学校で教わらなかったんだろう」「もっと早く知りたかった」と思うものばかりです。

私のように、仕事ができるほどの技術はあるけれど働く環境に悩んでる方、出来るならフリーランスになりたい方に向けて、イベントやセミナーを開催しています。

特に個人主催のセミナーでは、学校のように一方的に話して聞くだけでは身につかないので、何かしら体験できて持って帰れるようにと工夫しています。

私自身も独立にあたって背中を押されたのは、こういったイベントに参加して、リアルな情報を聞くことが出来たからでした。

セミナーのようす

あくまで本業は制作側なので、本当に支えたい層にだけ届くよう工夫して展開しています。
技術はあるのに仕事環境に苦しむ誰かの助けになればと思っています。

少人数制のプレミアムセミナー
柿間久留乃プロダクション関西のイラストレーターユニット
大規模イベント初期メンバー

今後について

クライアントの想いを届けることファンの目線を忘れないことを重要視しつつも、自分のキャラクターイラスト表現を磨き『さらえみにしかできない仕事』を確立していきます。

各種SNSやブログ等で活動報告しております。応援よろしくお願い致します。

クオリティの高いキャラクター/イラスト/アニメーションを
発注希望の企業担当者様へ

イラストレーターさらえみでは、クライアント様の実現したい事に向け、ヒアリングと妥協のないラフを提案し、ネットでのご依頼がメインのため認識のズレや非効率な方法を防ぐように努めて提供しております。

ご依頼内容からさらに新規アイデアを提案させてもらい実現したプロジェクトもございます。