募集開始から半日で50人以上を集めたイラストレーターユニットとその仕組み

隙あらば声優さんと仕事したいイラストレーターのさらえみです!

この度、同じ関西で活躍するイラストレーターさんとユニットを組みました。

何か面白い事出来そうなそのユニットについてと、50名枠の第1弾イベントが予想を遥かに超えて早く集まったので、そのために実施してきたことをまとめました。

強力タッグを組みました。その名は「柿間久留乃プロダクション」

「かきまくるの」って読みます。「プロダクション」って付いてるけど事務所ではありません。

実はこのユニット名は、すごく有名な案件を多数こなされているコピーライターさんに頼んで命名していただきました。
当て字なのが関西っぽくて好きです(笑)

それぞれ違ったイラストレーターだからこそできる面白い事

SNS連載マンガ「隙あらばゲームしたくてイラストレーターになりました(仮)」で有名な、かわぐちまさみさん

勢いのある面白いマンガで、多くの人を巻き込んでいっています。
雑誌や広告など、会社へ訪問営業して仕事をバリバリ取ってきています。最近は営業しなくても仕事がいっぱいだそうです。

ファッションイラストと飲みニケーションの縁で仕事GETしまくる、tica ishibashiさん

オシャレで凄くカッコイイ一度見たら忘れないイラストを描かれています。
制作以外にも、講師業、展示会参加と多岐に渡って活動されています。こんなにカッコイイのに親しみやすい大阪トークなのが魅力的。

私は地味だけどアニメ絵柄×WEB集客でフリーランスやってるイラストレーターってことで、3人ともオタクという共通点のもとよく集まってて、3人違うからこそ、お役に立てるような面白い活動が出来たらと思ってユニットを組んでみました。

2人とも何年も有名な案件を多数こなされてるベテランフリーランスさんです。コテコテの関西人なので喋りもスゴイ!その上、お子さん育ててる真っ只中の母業まで!バイタリティーが半端じゃないです。

このユニット内では、喋りや告知は2人にお任せして、私はWEBとか出来ることをやっている感じです。

3人での活動に興味がございましたら専用WEBサイトへ

経緯などの詳細はWEBサイトへ。良かったら見てみてください!
何かあればこのサイトか各個人のSNSで発表します。

イベント参加者の募集開始から14時間で50人集まった理由

このユニットで開催するイベント第1弾として最大50名の枠で、イラストレーター3人のトークセッションを行うことになりました。

そのイベントの告知と同時に、参加者募集を開始したのですが、あっという間に50名埋まってしまいました。

かわぐちさんが毎週定期の更新しているマンガ「隙あらば~」で、特別マンガとしてイベントを告知。


追ってイベントと専用WEBサイトへの案内を各々でやりました。

使ったのはTwitterとFacebookのみ。

なんでこれだけ早かったのか断定はできませんが、「これが効果あったのかな?」と予測できるものは以下の通りです。

イラストレーターの悩みに答えるという、需要のあるイベント

3人とも日本のトップレベルに有名なイラストレーターではありません。

ですが、それぞれ得意な方法で仕事を獲得し、フリーとして活動できています。
それを営業に悩んでいるイラストレーターさんやクリエイターさんにお伝えできたら、聴く側は一石三鳥ですよね。

3人とも何かと営業について聞かれる事が多く、自分たちの経験からもイラストレーターの情報じたいがなかなか触れる機会無いと感じていました。

そんな有名じゃない私達でも、これなら!とお役に立てるようなイベントとして企画を立てました。
地道に仕事をやってきた3人のノウハウだから、いきなり売れっ子になった人よりは参考になりやすいかと思っていました。

関西人カラーの強い印象で、参加への敷居が低くなった

関西人特有の「飴ちゃんあげるわ!」親近感ありすぎ精神を告知やWEBサイトに散りばめられたかなと思っています。

背景賑やかしたりヒョウ柄っぽい色入れたりして、そもそも親しみやすいかわぐちさんと私のイラスト、ticaさんの実績スゴイのに愉快なプロフィールとか。

私もそうなんですが基本3人とも気取るのが苦手なので、良い感じにお客さんの申し込みハードル下げることができました。

決して遊びではない最低限の作り込み

柿間久留乃プロダクションWEBサイト
サイトデザイン

柿プロ(略称)のWEBは、私が大好きなWordPressとLPを作るプラグインで即興で作っています。
WEBのプロからみたらごちゃごちゃしてると思うんですが、一般の方が見て納得できる状態には仕上げてるかなと。

こっちも本気でやってるものなので、読みやすいフォント、見やすいレイアウト、楽しいながらも襟正したような落ち着いた様子(出てるかな?/笑)、ちゃんと知りたい人に届けたかったのでその想いを書いて、本気でやるぞ!の雰囲気は出さなければと意識しました。

仕事をする上で、素人ではない感じを出すのは大事だなと最近特に思っています。

普段の仕事から、3人ともプロ意識や信頼感が出せている

普段からちゃんと仕事出来ていない状態で、このイベントやユニットやっても信頼ガタ落ちですよね

誰かに頼るわけでもなく、それぞれちゃんと仕事実績を積み上げているからこそ、外への信頼が出来ています。

私自身、2人に負けないように仕事もやっていかなくては・・・!と良い緊張感をいただいてます。

3人それぞれの発信力

かわぐちさんは毎週「隙あらばゲームしたくてイラストレーターになりました。(仮)」というマンガを更新して、グイグイ有名になっていっています。

ticaさんはネットよりはリアルで仕事取っていく方なんですが、丁度今月「LIMITS」というe-Sportsのイラスト版みたいな、イラストバトルでド派手に最終予選に出場したばかりでした。
スゴイ・・・!YouTubeで見れます!!

私はこれまでクリエイター支援やってきたかいもあって、何度もお会いした方がたくさん申し込んで下さいました。ありがとうございます!!

カッコイイ!と思って発信しているのではなく今の御時世や若い人に向けて発信するのがベストな方法と考え、今回のイベントもSNSメインでの告知となりました。

発信に向けた準備

「隙あら~」の告知用特別編は、情報拡散に向けて大きな柱でしたので、しっかり準備をしていただきました。
事前に飲み会で私もticaさんもチェックしました。


WEBサイトは、SNSでリンク貼るとサムネイル画像▲が出るように設定しました。
その画像も見ただけで何をやるのかわかるように気をつけていました。

「柿間久留乃プロダクション」ではなくイベント名を大きくしたのもそのためです。
インパクトあるユニット名なんですが、何をやるのかを最初に知ってもらえたらと考えました。

忘れちゃいけないお世話になってる方からの温かい援護

この援護がすごく心強かったです!
ネットやリアルで3人ともお世話になった方々からのプッシュは本当にありがたかったです。
これからが本番なので、気を引き締めて当日がんばりたいです。

この14時間の大まかなデータ集

告知中のPV数は1000もいってませんでした

pv数など
告知日3時間で400超え、0時超えてから申し込み締切までの11時間で400といった具合です。

明らかにTwitterの勢いがすごい

グラフでわかる、圧倒的にソーシャルのチカラ・・・!

・・・かと行ってTwitterが1番効果的!!!ということではないと思います。
マンガの内容やイベントのターゲット、拡散のスピード力がTwitterに1番ハマった結果です。

ターゲットや作戦によっては他のSNSのほうが強いパターンもあります。

おおまかですが申し込み者の内訳は・・・ご新規さん多い!

・ご新規・・・70%
・3人共のお知り合い・・・20%
・各々のお知り合い・・・10%

知人参加も多いんですが、あの短時間でちゃんとご新規様70%に響いていただけたのは嬉しいです。
絶対役に立つイベントにしますね!

それぞれコツコツやってきた結果の、嵐のような申し込みでした

勢いは予想以上でしたが50名は必ず集められると思っていました!

イベント集客も商売も、多くの人に見てもらうことが最初のハードルですが、突然注目されるようなシンデレラストーリーは一握りです。
どんなに売れてる人でも地道にやってきた「土台」や「準備」があります。

今回は各々の普段からの活動といった「土台」と、拡散に向けての「準備」が功を奏したと思っています。
これからも個人・ユニットどちらでもチカラを発揮できるように、土台と準備を整えてまいります。

クリエイター200人祭り2018