イラストや図形で使われるCG画像の種類

世間に溢れてるイラスト画像の種類について、ざっくりまとめました。

ちょくちょく私も発言していますが、2種類あります。
言葉だけだとわかりにくいと思いますので、ゆるすぎるメイキング動画を
載せてみました。

イラストご依頼される際も、これをわかっているとかなりスムーズに伝わるかな?と思います。

ゆるすぎるメイキング動画◆ラスタ画像


鉛筆で絵を描くように、ペンタブを使って線を描き、
バケツツールで塗ったりブラシでぼかしたりして描いた画像のことです。

グラデ多用な萌え絵
細かい描写やグラデーションを多用するイラストや漫画を描く時は
この方法で描きます。

拡大するとボケボケ
拡大するとボケボケ画像になります。

描いた後での拡大ができないので
描く前に必要なサイズを伝えて頂かないとまたはじめから描き直しになります。
恐ろしいですね・・・(´□`;)

下↓の方法でも描けなくはないのですが、手間がめっちゃかかります。
見てみて下さい。

ゆるすぎるメイキング動画◆ベクタ画像


アンカーポイントと呼ばれる点を打っていき、パスと呼ばれる線を引いて描く画像です。
曲線を作る時はハンドルと呼ばれる補助線を引っ張り出して直線を曲線にしていきます。

パス絵とは
パソコンならではの描き方ですね。慣れるまでとても時間がかかる描き方です。

拡大してもクッキリ
こちらはどれだけ拡大してもボケボケにはなりません。
色の変更もクリックひとつで出来ます。

拡大縮小に強いので、小さいグッズにも大きな看板にも使いたい場合に向いています。
ラスタ画像のような繊細なグラデーションが出しにくく、パキっとした印象があるのでアイテムイラストやマスコットキャラクターに多用されていると思います。

ちょうど最近twitterでこんなハッシュタグがw
#イラレマンアウトライン大会

私も出せるもので参加してみました↑

ハッシュタグ見に行くと力作揃いですよ(゜ω゜;)ス、スゴイ…







イラスト・キャラクター・アニメーション
▽お仕事を承っております▽

ABOUTこの記事をかいた人

さらえみ

キャラを愛するアニメ系イラストレーター。 若い世代に親まれるアニメタッチのイラストやショートアニメーションを提供するフリーランス。 WEBサイトを通じた依頼に特化しています。 現在2万pv/月を達成し、全国から様々なご依頼を受けております。 アニメーター(動画・原画)/映像制作会社のCGデザイナーを経験。 働く知恵を教えるイラストレーター支援もしており、関連イベントや即日埋まるセミナーを運営しています。 「2次元を心から楽しめる3次元へ」を理念に活動を続けています。