初心者向け!Live2DでVTuberモデル制作の始め方

Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。

自分でVTuberモデルを作りたくても、初めてだと何からはじめたら良いかわかりません。

そんな方に向けて完成までの順番を紹介します。

さらえみ

私も最初は何が必要で何からやれば良いのか知らないところからはじめました。参考になれば嬉しいです!

もくじ

Live2Dとは…パーツ分けした1枚のイラストを動かせるソフト

イラストに命を吹き込み2Dの立体表現を可能にした表現技術。
原画をそのまま素材として扱えるため、その絵の持つ魅力をダイレクトに活かしながら立体的に表現することが可能。

公式サイトより抜粋

イラストを擬似的に立体的に動かせる技術で、イラストの印象を崩さず動かせるのが最大の魅力。

Live2Dモデルの例

何枚も作画するアニメーションとは違って、1枚のイラストをパーツ分けし骨組みを設定して様々な動作をさせることが出来ます。

使い方によっては、本来のアニメーションより少ない労力でキャラクターを動かす事が出来ます。

さらえみ

有名アプリゲームやVTuberの配信動画などによく利用されています。

近年ではいろんな場面で見かけるようになり、アニメとも3Dとも違う新たな映像表現として使われる場が広がっています。

Live2Dを快適に使うPCスペック

WindowsMac
OSWindows8以上macOS v10.13以上
CPUIntel® Core™ i7以上Intel® Core™ i7以上
メモリ8GB以上8GB以上
ハードディスク約400~800MB以上約400~800MB以上
GPUOpenGL3.3以上OpenGL3.3以上
ディスプレイ1,920×1080px 32bitカラー以上1,920×1080px 32bitカラー以上

公式サイト動作環境案内はこちら

既に持ってるパソコンのスペックを確認するには…

スペックやグラフィックボードの確認方法は、使用しているパソコンやOSによって違います。

確認方法は検索で調べると簡単に見つけられます。

GPUの「OpenGL3.3以上」は確認するのが難しいので、使用しているパソコンのグラフィックボードを確認して、下記サイト↓にて性能確認するとOpenGLのバージョンも把握できます。

パソコン工房 NEXMAG[ネクスマグ...
NVIDIA TITAN・GeForce スペック・性能比較【デスクトップ】 | パソコン工房 NEXMAG NVIDIA製のGPU性能比較デスクトップ編。過去のNVIDIA デスクトップグラフィックスである、TITAN/GeForce RTX 20/GeForce 700/GeForce 400シリーズ等のプロセッサースペック...

推奨スペックのパソコンを購入するには…

私が愛用しているパソコンに近いものがこちら。

パソコン工房【公式通販】

Live2D推奨スペックにある「Intel® Core™ i7以上」となると、これくらいの価格にはなってきます。

さらえみ

イラストだけを制作するパソコンよりもやはりお金はかかりますね…(汗)
上記はモニターは別売りの本体だけの価格です。

私はクリエイター向けPCを購入して、Live2Dだけでなくアニメーションや動画制作に耐えられる環境にしています。

追加料金で容量やUSBジャックを増やしたりと細かい性能をカスタマイズできるので、クリエイティブ用にWindowsPCを購入するならオススメです。

macについては私は詳しくないのですが、購入するなら他社通販よりも公式からが1番安心です。

Apple(日本)
iMac iMac。それは、美しく直感的に使えるオールインワンデスクトップ。圧巻のプロセッサ、Retinaディスプレイ、世界で最も先進的なデスクトップOSを搭載しています。

クリエイター用パソコンについてはこちらも参考にどうぞ

あわせて読みたい
アニメーション制作時に使っているパソコン環境・ソフトの紹介 デジタルでショートアニメーションを制作している、さらえみ(@saraemiii)です。 イラストやブログ執筆もしていますが、アニメーションはそれらより特殊な環境が必要です...

Live2Dを導入するには

公式サイトからソフトをダウンロードし、必要な場合は有料ライセンスを取得します。

PRO版とFREE版の違い

Live2Dには有料ライセンスの「PRO版」・無料で機能制限付きの「FREE版」があります。

無料の「FREE版」はサイズやパーツ数が限られてくるため、キャラ1体をしっかり制作するのは難しいです。

Live2D「PRO版」「FREE版」おおまかな機能比較はこちら

内容PRO版FREE版(機能制限アリ)
商用・営利目的の利用OK一般ユーザー
および小規模事業者のみOK
組み込み用画像データの出力無制限2048px 1枚まで
適用できるレイヤー数無制限100レイヤーまで
動作を管理するパラメータ数無制限30まで
まとめて動かせるデフォーマ数無制限50まで
パーツ管理できるフォルダ数無制限30フォルダまで
描画順(レイヤーの前後)の設定無制限2まで
オブジェクトの単体表示アリナシ
メッシュのコピペアリナシ
アニメーションのコマ打ち無制限3コマ打ちのみ
アニメーションの動画書き出し無制限(9.4MPまで)最大1280x720px

※詳細は公式の「機能比較」をご覧ください。

キャラをちゃんと動かしたい、仕事で利用する場合は、機能制限の無い「PRO版」がオススメです。

PRO版は「一般ユーザー・小規模事業者」と「中規模以上の事業者」で価格が変わります

直近の年間売上高1000万円未満の方が「一般ユーザー・小規模事業者」に当てはまります。

Live2D公式サイトはこちら

Live2Dの購入はサブスク契約になりますが、月額/年額の支払い方法が選べます。

自分の利用スタイルによって使う月だけ支払うといったコスパ重視の使い方もできます。

年間だと月額を1年使うより40%ほどオトクに

年々使えば使うほど安くなる割引もあるので、長く付き合いたい人は年額を検討してみるのもオススメです。

さらえみ

トライアル版では「PRO版」を42日間も使えるので、イラストが出来てから開始して、頑張ればとりあえず1体は試しに作れるはず!

3年版は学割も効きます!学生の方は忘れず確認を。

live2d.com
Vtuberを作る方法は3Dだったり色々とありますが、イラストの良さや雰囲気を壊さず動かしたいならLive2D。イラストが描ける人には扱いやすいソフトです。

インストールされるソフトは2つ

「Live2D Cubism Editor」「Live2D Cubism Viewer」の2つのソフトがインストールされます。

主にモデリング作業で触るのは「Live2D Cubism Editor」です。

「Live2D Cubism Viewer」は応用的な作業に利用します。

Live2D用にパーツ分けしたイラストを作成

VTuberのようなLive2Dモデルを作るには、レイヤー毎にパーツ分けしたイラスト(psdデータ)が必要です。

オススメイラスト制作ソフト

レイヤー分けpsd保存ができるイラストソフトならどれでも問題はありません。

さらえみ

私はイラストやアニメ制作もしているので を利用しています。

様々な機能が揃っていてイラストもマンガもアニメーションも作りやすい環境が、パソコンならサブスクではなく買い切りで利用できます。

Live2D公式もCLIP STUDIO PAINTを推奨しています。

とりあえず試してみたい人はCLIP STUDIO PAINT 体験版」へ

3ヶ月も無料体験できます!クリスタはカスタマイズするほど描くのが楽しくなっていきます。

clip-studio.com
CLIP STUDIO PAINTは3ヶ月無料体験ですべての機能をイラストにも漫画にもアニメーションにも充分に試して作成することができます。

CLIP STUDIO PAINTで描いた時のメリットはこちらで紹介しています

あわせて読みたい
CLIP STUDIO PAINTを使ったイラストの描き方 でイラスト描いて仕事をしている、さらえみ(@saraemiii)です。 私のイラスト作品を完成させるまでの流れをまとめてみました。 ほぼ独学ですが、会社員時代の仕事でも同...

こちらもあると便利

Live2Dモデルを制作する際、できればAdobe Photoshopもあると便利です。

イラストを描いた時に、パーツごとに描いた線画と塗りをいくつも統合する必要が出てきます。

Adobe Photoshopがあれば、それを一気に統合できる公式スクリプトを利用できます。

Adobe Photoshop公式サイトはこちら

adobe.com

PSDスクリプト「Live2D_Preprocess」のダウンロードはこちら

Live2D Cubism
Photoshop用スクリプト ダウンロード - Live2D Cubism Photoshop用スクリプトをダウンロードできます。Live2D_PreprocessとLive2D_Cleaningの機能をご利用いただけます。

イラストが出来たらLive2Dでモデリング作業へ

Live2D用にイラスト(psdデータ)が完成したら「Live2D Cubism Editor」でモデリング作業を進めていきます。

大まかに全手順を解説

こちらでイラスト制作からモデリング作業までの全体の流れを紹介しています。

初めての人でもどんな作業をしていくのかが把握できると思います。

あわせて読みたい
Live2Dを使ったVTuberキャラクターモデルの作り方 Live2D初期の頃から触ってはいた、さらえみ(@saraemiii)です。 キャラクターを動かしたいけれど、アニメーションはハードルが高い。 イラストの良さを残したまま動画用...

動画でも初心者向けに作り方を紹介しています

実際に作った流れを元に動画で紹介しています。

パーツ毎の作り方とオススメの順番

上記のリンクや動画では全体の流れの紹介ですが、パーツごとの細かい作業工程も紹介しています。

Live2Dではパーツ分けしたイラストに「デフォーマ」という枠を動作毎に設置します。

その枠は入れたパーツよりも可動範囲含めて大きく作る必要があり、そのため慣れるまでは作る順番が重要になります。

とりあえず完成を目指したい人は①~⑦までで十分動くモデルになります!

さらえみ

慣れるまではこの順で作っていました。
何体か作っていくと自分なりに作りやすい順が見えてきます。

他にもLive2D制作の参考になりそうな情報をまとめています

あわせて読みたい
Live2Dモデル制作で失敗しやすいポイント Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2D制作はイラストを描くのとは違って特殊な作業をするので、うっかりミスをしてしまうこともあ...
あわせて読みたい
Live2Dでパーツを動作ごとコピーし「反転」させる方法 Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2D作業で左右同じパーツがあって何度も動作を付けないといけないのは結構骨が折れますよね。 ...

モデルが出来たらそれぞれの使い道へ

モデリング作業を終えたら、使用用途によって他のソフトを介したり、動画を制作したりしていきます。

Live2DモデルをVTuberとして利用する

VTuberとして利用するには、WEBカメラと連動させる「トラッキングソフト」が必要です。

動作が軽くてWindowsでもMacでも使える「VTubeStudio」が人気

あわせて読みたい
Live2Dモデルを動かす「VTubeStudio」の使い方 Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 VTubeStudioは、WEBカメラを通してLive2Dキャラクターを自分の動きにシンクロさせる事ができるソフ...

他の有名トラッキングソフトはこちらで比較しています

あわせて読みたい
「FaceRig」「Animaze」「Vtube Studio」の違いを比較 VTubeトラッキングソフトを一通り試したイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2DなどのVTubeモデルを動かすために必要なのが、カメラを通してキャラと連動...

Live2Dモデルを使ったアニメーション動画を作る

VTuberではなく、動画制作ソフトを使うとLive2Dモデルを動かすアニメーション動画にもできます。

Live2D Cubism Editorでアニメーションを作る

制作に使うLive2D Cubism Editorでも、キャラを動かして動画データに書き出す事ができます。

あわせて読みたい
Live2D Cubism Editor内でのアニメーションの作り方 Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2Dで作成したモデルはLive2D内でもアニメーションをつけることができます。 アニメーション素...

Adobe After Effectsでアニメーションを作る

Adobe After EffectsにLive2Dモデルを取り込めるので、アニメーション制作にも使いやすいです。

あわせて読みたい
Adobe After EffectsでLive2Dモデルを動かしたい時の使い方 Live2DとAfter Effectsでアニメーションを作っている、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2Dで作成したモデルはAdobe After Effectsでも操作できるようになります。 映像...

Live2Dモデルを販売してみる

Live2D公式が運営するLive2Dモデル専用マーケット「nizima」で制作したモデルを販売することが出来ます。

モデリング前のイラストだけ販売したり、限定品として1体だけ売り出すなど、様々なスタイルで売る事ができます。

nizima.com
Live2Dモデルを1から作らなくても『nizima』で多数のクリエイターさんが販売中!モデルによって1点限定などの販売スタイルが違いますので、購入の際は説明をよく読んで選びましょう。

オーダーメイドを受けてみる

下記のようなサービスを売買できるサイトを利用すると、誰でも簡単に制作を受注することが出来ます。

Live2Dモデルもこちらで受注制作しているクリエイターさんは多いです。

coconala.com
得意や経験を気軽に出品できる!必要としている誰かの役に立てる機会を作れます
skima.jp
イラストを手軽にオーダーできる個人間専用のオーダーメイドマーケット、スキルシェア、コミッションサービスです。絵の実績を作りたいクリエイターにもオススメ!
crowdworks.jp
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」は実績のあるクリエイターも多数登録!
lancers.jp
日本最大級のお仕事マッチングサイト!Webで完結、在宅で稼ぐ!無料登録

初心者の参考にオススメできる本やWEBサイト

Live2Dモデル作成の初心者にオススメの本

どちらも基本的な内容で制作時の画像が多く、特に初心者の参考におすすめです。

さらえみ

私も最初はこれらの本を参考に制作していました!

created by Rinker
¥2,592 (2021/12/03 23:32:52時点 Amazon調べ-詳細)

公式サイトのマニュアルはこちら

公式マニュアルは逆引きがしやすいので、ちょっと困った時にも便利です!

公式の解説動画はこちら

慣れてきたらいろんな作り方にもチャレンジ!

さらえみ

Live2Dモデル制作を学び、最近ではVTuberのようなキャラクターモデルだけでなく、アニメーション動画の一部にも活用するようになりました。

最初は慣れない作業だらけですが、自分のキャラクターが動くととても楽しいですし、慣れると色んな表現方法もでき、クリエイターの仕事としても注目されています。

公式コンテストも毎年開催されています!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる