イラスト制作のご相談はこちら ▶

Live2Dソフト内でモデルのリアクションやアニメーションを作る方法

  • URLをコピーしました!

Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。

Live2Dで作成したモデルはLive2Dのソフト内でもアニメーションをつけることができます。

アニメーション素材としても書き出せますし、VTuberとしてショートカットキーでポーズをさせることもできるようになります。

もくじ

動かすにはLive2DソフトとLive2Dモデルが必要

既にLive2Dソフトもモデルも持っている場合は次の項目へ

Live2D内でアニメーションを作るでもちろんLive2Dソフトが必要になります。

もしまだ持っていない人は、「PRO版」が長期間使えるトライアルを活用してみるのをオススメします。

Live2Dソフトのダウンロードは公式サイトへ

Live2Dの購入はサブスク契約になりますが、月額/年額の支払い方法が選べます。

自分の利用スタイルによって使う月だけ支払うといったコスパ重視の使い方もできます。

年額だと月額で1年使うより40%ほどオトクです。

年々使えば使うほど安くなる割引もあるので、長く使いたい人は年額を検討してみるのもオススメ。

3年版は学割も効きます!学生の方は忘れず確認を。

さらえみ

無料トライアル版「PRO版」を42日間も使えるので、イラストが出来てからソフトを使用開始すればとりあえず1体は試しに作れるはずです!

live2d.com
Vtuberを作る方法は3Dだったり色々とありますが、イラストの良さや雰囲気を壊さず動かしたいならLive2D。イラストが描ける人には扱いやすいソフトです。

Live2Dモデルのくわしい作り方はこちら

1からLive2Dモデルを作成していく手順をまとめています。

あわせて読みたい
Live2Dを使ったVTuberキャラクターモデルの作り方 Live2D初期の頃から触ってはいた、さらえみ(@saraemiii)です。 キャラクターを動かしたいけれど、アニメーションはハードルが高い。 イラストの良さを残したまま動画用...

Live2D作り方の記事一覧はこちら

さらえみblog

Live2Dモデルは専用サイトにて購入もできます

様々なクリエイターが作成したLive2Dモデルを気軽に購入できます。

Live2Dのソフト内でアニメを作る場合は、モデル本体データを編集することになるので「○○○.cmo3」ファイルが必要になります。

nizimaで購入できるのは個人のみになっています。

nizima.com
Live2Dモデルを1から作らなくても『nizima』で多数のクリエイターさんが販売中!モデルによって1点限定などの販売スタイルが違いますので、購入の際は説明をよく読んで選びましょう。

Live2D「Animation」内でアニメをつけていく

Live2D内の「Animation」で「モーション」という1アクションずつのアニメーションを作成することができます。

作った「モーション」を並べて一連のアニメーションとして書き出す事もできます。

他のソフトでLive2Dモデルを動かす際に、キーボード押すだけで再生されるリアクションアニメにも活用できます。

「Live2D Cubism Editor」を起動し、モデルを開きます。

Model→Animationを選択

上部にある切り替えメニューにてModel→Animationを選択。

Animation設定エリア

するとこんな操作エリアに変わります。

ここでアニメーションを付けていきます。

「シーン」を作成

タイムラインへドラッグ

左上「プロジェクト」にある作成したモデリングデータを「タイムライン」タブへドラッグします。

バージョン選択

このような選択画面が現れます。

SDKは主にゲームやアプリ、映像用はMovie、After Effects用はAE…と、用途にあったものを選択します。

インスペクタでシーンの設定

デフォルト名(idle)で「シーン」が作られます。

シーンの新規・複製・削除「シーン」タブ右下にあるアイコンで出来ます。

「インスペクタ」ウィンドウで名称などの編集ができます

「シーン名」は他でも使用する場合があるので半角英数字、タグはわかりやすく日本語名を付けます。

画面サイズやフレームレートなども編集できます。

フレームレート(fps)とは?

その映像の1秒を何フレームで表現するか?という設定になります。

例えば、1秒8フレーム(fpsという単位になります)だと1秒に8枚の絵しか入れられずカクカクした動き方になります。

  • TVアニメでは通常24フレーム/秒
  • 液晶映像によっては29.97フレーム/秒
  • DVD等のメディアでは30フレーム/秒
  • 4K映像では60フレーム/秒

特に指定が無く、初めてデジタルでアニメーションを作る場合はわかりやすくて作りやすい30フレーム/秒をオススメします。

タイムラインでパラメータを編集

Live2D Animationのタイムライン

「タイムライン」はこのような表示になります。

ここで細かい動作を設定していきます。

ワークエリアや表示時間はドラッグして調整ができます。

パラメータ

タイムライン左枠を開くと「パラメータ」が出現します。

  1. 動きを付けたい時間に赤いバーを動かし
  2. 付けたいポーズになるようパラメータをクリックする

すると、タイムラインに点が打たれます。

点が2点以上つけたらバーを動かしてみてください。

点と点の間でキャラクターが動きだします。

これを繰り返してアニメーションを作成していきます。

「呼吸」「まばたき」「ウィンク」など動作毎にシーンを追加して作成すると便利に使えます。

「~.can3」ファイル

保存するとアニメーション専用ファイル「~.can3」として保存されます。

「ファイル」→「画像/動画書き出し」から、動画や画像などの様々なデータに書き出すことができます。

さらえみ

VTuberのリアクションとしてシーンを増やしたり、アニメ映像制作の素材として動画や画像に出力したり、使い方が広がります

作成したアニメーションの活用方法

そのまま画像や映像として出力する以外に以下のような活用方法があります。

VTuberのリアクションとして活用する方法

今回シーンごとに作ったアニメーションを、VTuberのリアクションとしてショートカットキーで呼び出せるように設定できます。

専用の「組み込み用データ」が必要なのでこちらで方法を説明しています。

あわせて読みたい
Live2DのVtuberモデルにショートカットで表情変化させる「.exp3.json」「.motion3.json」の作り方 Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Vtuberとして動かす時にショートカットキーでリアクションさせることができます。 そのためには、...

Adobe After Effectsで動かす方法

プロの映像制作で使われる「Adobe After Effects」ソフト内でLive2Dモデルを動かす事ができます。

映像制作に特化したソフトなので、工夫次第で様々な映像作りにLive2Dモデルを活かせます。

今回シーンごとに作ったアニメーションも設定することができます。

あわせて読みたい
Adobe After EffectsでLive2Dモデルを動かしたい時の使い方 Live2DとAfter Effectsでアニメーションを作っている、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2Dで作成したモデルはAdobe After Effectsでも操作できるようになります。 映像...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる