Live2D Cubism Editor内でのアニメーションの作り方

Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。

Live2Dで作成したモデルはLive2D内でもアニメーションをつけることができます。

アニメーション素材としても書き出せますし、VTuberとしてキーひとつでポーズをさせることもできるようになります。

もくじ

動かすにはLive2DとLive2Dモデルが必要

既にLive2Dもモデルも持っている場合は次の項目へ

Live2D内で動かすのでもちろんLive2Dソフトが必要になります。

もしまだ持っていない人は、「PRO版」が長期間使えるトライアルを活用してみるのをオススメします。

Live2D公式の販売ページはこちら

無料の初回トライアル期間では「PRO版」全機能を42日間も試せます!

さらえみ

42日間あれば試しに1体は作れるはず…!

購入する場合は年間だと月額より40%近くオトクです。使えば使うほど年々割引が効きます。

学生さんなら学割もあります。

live2d.com
Vtuberを作る方法は3Dだったり色々とありますが、イラストの良さや雰囲気を壊さず動かしたいならLive2D。イラストが描ける人には扱いやすいソフトです。

Live2Dモデルの作り方はこちら

私が1からLive2Dモデルを作成した手順をまとめています。

あわせて読みたい
Live2Dを使ったVTuberキャラクターモデルの作り方 Live2D初期の頃から触ってはいた、さらえみ(@saraemiii)です。 キャラクターを動かしたいけれど、アニメーションはハードルが高い。 イラストの良さを残したまま動画用...

Live2Dモデルは公式の専用サイトから購入もできます

様々なクリエイターが作成したLive2Dモデルを気軽に購入できます。

Live2D Cubism Editorでアニメを作る場合は、モデル本体データを編集することになるので「○○○.cmo3」ファイルが必要になります。

nizima.com
Live2Dモデルを1から作らなくても『nizima』で多数のクリエイターさんが販売中!モデルによって1点限定などの販売スタイルが違いますので、購入の際は説明をよく読んで選びましょう。

Live2D→Animation内でアニメをつけていく

Live2D上で「モーション」という1アクションずつアニメーションを作成することができます。

モーションを並べて一連のアニメーションとして書き出す事もできます。

他のソフトでLive2Dモデルを動かす際に、キーボード押すだけで再生されるリアクションアニメにも活用できます。

「Live2D Cubism Editor」を起動し、モデルを開きます。

Model→Animationを選択

上部にある切り替えメニューにてModel→Animationを選択。

Animation設定エリア

するとこんな操作エリアに変わります。

ここでアニメーションを付けていきます。

「シーン」を作成

タイムラインへドラッグ

左上「プロジェクト」にある作成したモデリングデータを「タイムライン」タブへドラッグします。

バージョン選択

このような選択画面が現れます。

SDKは主にゲームやアプリ、映像用はMovie、After Effects用はAE…と、用途にあったものを選択します。

インスペクタでシーンの設定

デフォルト名(idle)で「シーン」が作られます。

シーンの新規・複製・削除「シーン」タブ右下にあるボタンでできます。

「インスペクタ」ウィンドウで編集ができます。

「シーン名」は他でも使用する場合があるので半角英数字、タグはわかりやすく日本語名を付けます。

画面サイズやフレームレートなども編集できます。

フレームレートとは?

その映像の1秒を何フレームで表現するか?という設定になります。

例えば、1秒8フレーム(fpsという単位になります)だと1秒に8枚の絵しか入れられずカクカクした動き方になります。

  • TVアニメでは通常24フレーム/秒
  • DVD等のメディアでは30フレーム/秒
  • 4K映像では60フレーム/秒

今回のようにデジタルでアニメーションを作る場合は、わかりやすくて作りやすい30フレーム/秒をオススメします。

タイムラインでパラメータを編集

Live2D Animationのタイムライン

「タイムライン」はこのような表示になります。

ここで細かい動作を設定していきます。

ワークエリアや表示時間はドラッグして調整ができます。

パラメータ

タイムライン左枠を開くと「パラメータ」が出現します。

  1. 動きを付けたい時間に赤いバーを動かし
  2. 付けたいポーズになるようパラメータをクリックする

すると、タイムラインに点が打たれます。

点が2点以上つけたらバーを動かしてみてください。

点と点の間でキャラクターが動きだします。

これを繰り返してアニメーションを作成していきます。

「呼吸」「まばたき」「ウィンク」など動作毎にシーンを追加して作成すると便利に使えます。

「~.can3」ファイル

保存するとアニメーション専用ファイル「~.can3」として保存されます。

「ファイル」→「画像/動画書き出し」から、動画や画像などの様々なデータに書き出すことができます。

さらえみ

VTuberのリアクションとしてシーンを増やしたり、アニメ映像制作の素材として動画や画像に出力したり、使い方が広がります

モデルの1アクションを「~.motion3.json」データにする方法

「~.motion3.json」があると、VTuber化できるソフトを通して1クリックでキャラがアクションできるようになります。

VTuber化できるソフトと「~.motion3.json」の使い方下記まとめ記事へのリンクを参照してください。

書き出したいシーンを選択

「シーン」タブから書き出したいシーンを選びます。

「モーションファイル書き出し」

「ファイル」→「組込み用ファイル書き出し」→「モーションファイル書き出し」をクリック。

「モーションデータ設定」

「モーションデータ設定」ウィンドウが出るので、対象モデル等を指定して「OK」を押すと「~.motion3.json」保存ができます。

「書き出しシーン設定」「全シーンを出力」にすると、対象モデルに付随している全シーンが複数の「~.motion3.json」として一気に保存できます。

モデルの1アクションを「~.exp3.json」データにする方法

「~.exp3.json」があると、VTuber化できるソフトを通して「~.motion3.json」とは違う項目で1クリックでキャラがアクションできるようになります。

VTuber化できるソフトと「~.exp3.json」の使い方下記まとめ記事へのリンクを参照してください。

当てはめたい動作を、ここまでの作り方の通りにシーンを作成し「~.motion3.json」ファイルを作成しておきます。

Live2D Viewer

Live2Dのもうひとつのソフト「Live2D Viewer」でLive2Dモデルを開きます。

表情用モーション読み込み

「ファイル」→「読み込み」→「表情用モーション」を選び、作成しておいた「~.motion3.json」ファイルを読み込みます。

左上のウィンドウに「~.exp3.json」が追加

読み込みに成功すると、左上のファイル一覧に「~.exp3.json」が追加されています。

「~.exp3.json」 のある「expressions」フォルダーが出現

モデルを置いてある場所にも 「~.exp3.json」 のある「expressions」フォルダーが出力されています。

「Live2D Viewer」で「~.motion3.json」の動作を確認するには…

「~.motion3.json」を直接左上のウィンドウへドラッグします。

「~.motion3.json」をドラッグするとこのような画面に

「motions」フォルダーに表示される「~.motion3.json」を選択すると、下部に「再生」ボタンが出てプレビューできるようになります。

さらえみ

この機能は元々ゲーム系を開発するためにあると思うので、工程が複雑です。難しいと思ったら「~.motion3.json」でアクション付けていくだけでも充分楽しめます!

作ったシーンを用途別に動かしたい場合はこちら

FaceRigでVTuberのリアクションとして動かす方法

作ったシーンをVTuberのリアクションとして1クリックで呼び出せる用に設定できます。

「FaceRig」は安定した老舗ソフトではありますが、2021年でサポート終了してしまうので、これから使うのにはあまりオススメしません。

あわせて読みたい
Live2Dモデルを動かす「FaceRig」の使い方 Live2D制作をはじめてみたイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 ビデオ通話や動画配信で、自分の動きに連動シンクロしたキャラクターを使って発信したい時に役...

AnimazeでVTuberのように動かす方法

「Animaze」は上記「FaceRig」の後継ソフトで、使い勝手やクオリティが改善されています。

作ったシーンや表情をVTuberのリアクションとして1クリックで呼び出せる用に設定できます。

まだ新しいソフトなのでアップデート待ちの部分もあります。

あわせて読みたい
Animaze by FaceRigでLive2Dモデルを動かす方法 Live2D制作をはじめたイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2DでVTuberのように動かしたい時に使うソフトが、Animazeです。 Animazeは、WEBカメラを通して...

Adobe After Effectsでアニメーションとして動かす方法

プロの映像制作で使われる「Adobe After Effects」ではLive2Dモデルを通常のアニメーションのように動かす事ができます。

今回作ったシーンも設定することができます。

表現の幅が広がるので、工夫次第で様々なアニメーション制作にも使えます。

あわせて読みたい
Adobe After EffectsでLive2Dモデルを動かしたい時の使い方 Live2DとAfter Effectsでアニメーションを作っている、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2Dで作成したモデルはAdobe After Effectsでも操作できるようになります。 映像...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる