Live2DモデルをVTuber配信やアニメ映像として使う方法

Live2Dを使ってアニメ制作もVTuberまでやりはじめたイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。

イラストのイメージを損なわずキャラクターを動かせるのがLive2Dですが、Live2Dモデルを持っているだけでは、配信等に活かすことができません。

Live2Dモデルを使って、どんな活用方法があるのかを案内します。

もくじ

VTuberとして配信する

VTuberとして配信するには専用ソフトが必要です。

Live2Dモデルは様々なソフトに対応していますが、中でもよく使われている代表的なものを紹介します。

老舗有名ソフト「FaceRig」

FaceRigを使ったキャラ動作のサンプル動画

FaceRigというソフトを利用して、ZOOMやYouTubeなどでVTuberとして動かす事ができます。

2021年には公式サポートが終了してしまう老舗ソフトですが、長年利用されてきただけあって動作が安定し使用方法が探しやすいメリットはあります。

使用にはFaceRigの購入(2000円かからない程度)やWEBカメラが必要になります。

残念ながらmacでは使用できないソフトです。

Live2D✕FaceRig詳細はこちらでくわしく解説しています

あわせて読みたい
Live2Dモデルを動かす「FaceRig」の使い方 Live2D制作をはじめてみたイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 ビデオ通話や動画配信で、自分の動きに連動シンクロしたキャラクターを使って発信したい時に役...

FaceRigの後継ソフト「Animaze」

Animaze操作画面

FaceRig同様に、ソフトを利用してZOOMやYouTubeなどでVTuberとして動かす事ができます。

FaceRigよりもスムーズにLive2Dモデルを読み込ませられ、操作もわかりやすくなっています。

使用にはサブスクリプション契約やWEBカメラが必要になりますが、制限付きなら無料での利用アプリを通してiPhoneをWEBカメラ代わりにすることもできます。

まだリリースされたばかりのソフトなので多少動作が不安定なところがあり、今後のアップデートに期待しています。

残念ながらmacでは使用できないソフトです。

解説動画を作ってみました

Animazeは動画で、簡単に解説しています。

詳細は、下記ブログ記事で説明しています。

Live2D✕Animaze詳細はこちらでくわしく解説しています

あわせて読みたい
Animaze by FaceRigでLive2Dモデルを動かす方法 Live2D制作をはじめたイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2DでVTuberのように動かしたい時に使うソフトが、Animazeです。 Animazeは、WEBカメラを通して...

スマホでも使える「VTube Studio」

VTube Studio操作画面

「VTube Studio」は海外でも大人気のソフトで、ハイスペックPCでなくても動作が軽めなのが評判です。

WEBカメラとパソコンを使った配信もできますが、WEBカメラの代わりにスマホアプリを使って配信できるのが特徴的です。

WindowsでもMacでも使えます。

基本無料で商用利用でも使えます。

Live2D✕VTube Studio詳細はこちらでくわしく解説しています

あわせて読みたい
VTubeStudioでLive2Dモデルを動かす方法 Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 VTubeStudioは、WEBカメラを通してLive2Dキャラクターを自分の動きにシンクロさせる事ができるソフ...

アニメ制作に活用する

VTuberとして使用するだけではなく、ゲームやアニメ制作のキャラクターアニメーションとして活用することもできます。

Live2Dソフト内でアニメーションを作る

Live2DでVTuberキャラを作る
Live2D上のアニメーション設定画面

Live2Dソフト「Live2D Cubism Editor」内で、1アクションずつ組み合わせてアニメーションを作成することができます。

VTuberのリアクション用の設定や、動画・画像データの書き出しもできるので、ゲームや映像制作にも使えます。

さらえみ

Live2Dモデルを自作した人なら、Live2Dソフトだけでアニメが作れるのでコスパが良いと思います。

Live2D Cubism Editorでアニメを作る方法はこちらでくわしく解説しています

あわせて読みたい
Live2D Cubism Editor内でのアニメーションの作り方 Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2Dで作成したモデルはLive2D内でもアニメーションをつけることができます。 アニメーション素...

Adobe After EffectsでLive2Dキャラクターを動かす

After Effectsでコントロールしたサンプル動画

CGやアニメーションなど映像制作に重宝するソフトAdobe After Effectsでも公式の専用プラグインを使うことでLive2Dキャラクターを動かす事ができます。

VTuberと違って通常のアニメーションのように動かすので、表現方法が拡がります。

さらえみ

別途Adobe After Effectsを購入する必要がありますが、既にお持ちの方やアニメーションとして表現したい方にオススメです。

天下のAdobe After Effectsなので、もちろん様々な動画・画像形式に書き出しもできます。

Live2D✕After Effects詳細はこちらでくわしく解説しています

あわせて読みたい
Adobe After EffectsでLive2Dモデルを動かしたい時の使い方 Live2DとAfter Effectsでアニメーションを作っている、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2Dで作成したモデルはAdobe After Effectsでも操作できるようになります。 映像...

Live2Dモデルを持っていない人はこちら

Live2Dモデルを自作する

下記リンクページでは、私が1からLive2Dモデルを作成した時の手順をまとめています。

基本的な制作方法を一通りまとめているので、見ながら作成出来ると思います。

あわせて読みたい
Live2Dを使ったVTuberキャラクターモデルの作り方 Live2D初期の頃から触ってはいた、さらえみ(@saraemiii)です。 キャラクターを動かしたいけれど、アニメーションはハードルが高い。 イラストの良さを残したまま動画用...

Live2Dモデルを購入する

様々なクリエイターが作成したLive2Dモデルを気軽に購入できます。

モデルによっては、1点限定販売もあり自分だけのアバターを手に入れることも可能です。

Live2D公式が運営しているので安心して購入することができます。

さらえみ

1から作るよりは圧倒的にラク。
完全オリジナルを欲しい場合は、クリエイターさん個別に依頼するのも手ですね(企業様でしたら私も承っていますー!)

nizima.com
Live2Dモデルを1から作らなくても『nizima』で多数のクリエイターさんが販売中!モデルによって1点限定などの販売スタイルが違いますので、購入の際は説明をよく読んで選びましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる