イラスト制作のご相談・ご依頼はこちら ▶

Live2Dモデル制作に使える便利な機能

  • URLをコピーしました!

Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。

キャラクターアニメをLive2Dで作成していて気づいた「最初からこれ知りたかった…!」という機能をまとめてみました。

さらえみ

慣れた人には今更かもしれませんが…Live2D制作は複雑な作業になりがちなので、初心者のうちからこれを知っておくと作業がラクになります。

もくじ

デフォーマに組み込んだパーツを一気に選択

パラメータやアートメッシュを付ける際に、細かいパーツを複数選択したい時が結構あります。

デフォーマにまとめてあるパーツは「子を含めて選択」で一気に選択できます。

子を含めて選択

デフォーマーを右クリックして「子を含めて選択」を押すと…

一気に選択できる

子になっているデフォーマーとパーツ丸ごと選択できます。

パーツの名前を一気に変更

Live2Dではパーツの名前を一気に置換させることができます。

パーツの名前を個別に変更

上図のように「インスペクタ」内でひとつひとつ名前変更はできますが…

「編集」→「検索と置換」

「編集」→「検索と置換」を選ぶと下図のようなウィンドウが開きます。

「検索と置換」ウィンドウ

このウィンドウ内で名前変更したい素材を複数選択します。

変更したい文字「置換前」と変更後の文字「置換後」を入力して「置換」を押すと、一気に名前が変更できます。

パラメータでつけた動きを反転

例えば…「パーツを下から上に上げる動作を作ったものの、やっぱり上から下に下げる動きにしたい!」となった時、最初からやりなおすのはカンタンな動きでもかなり労力がかかります💦

こちらの機能を使えば動作を反転させることができます。

眉が上がるパラメータ

この元々はパラメータ1.0で上がる眉の動作。-1.0では下がるように指定しています。

選択&反転

1.0の欄をクリックし「選択」した上で「反転」を選びます。

反転して下がる動作に

すると1.0で下がり-1.0で上がる動作に変わりました。

パーツを動作ごと複製して反転させる

動きをつけた右目を使って左目を作る…といった反対側のパーツも作ることができます。

眉・目・手・髪など、左右対称で作れるパーツはたくさんあると思います。

非対称などのこだわりが無ければ、かなり時短になるのでオススメです。

作り方はこちらにまとめています。

崩れず出来るのでオススメです。

あわせて読みたい
Live2Dでパーツを動作ごとコピーし「反転」させる方法 Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2D作業で左右同じパーツがあって何度も動作を付けないといけないのは結構骨が折れますよね。 ...

「リピート」を使ってループ化

リピート」機能を使うとパラメータ設定した動きがループ化します。

右上のアイコンから「パラメータ設定へ」

パラメータタブの右上アイコンから「パラメータ設定」を開きます。

パラメータの「リピート」にチェック

前腕まわすパラメータの「リピート」欄にチェックを入れます。

するとガンガンまわる

このように延々と回すことができます。

さらえみ

なびきやアイテムの動きなどいろんな動作に使えそうです。

パラメータ付けた後にパーツを移動させる

パラメータで動きをつけた後のパーツを位置移動させるのは、パーツによってはパラメータが崩れやすく厄介です。

そんな時は新規に「回転デフォーマ」を作り、そこに移動させたいパーツをまとめて入れて、その回転デフォーマを移動させるとスムーズに済みます。

移動終えたら、移動用に作ったデフォーマは残すと混乱しやすくなるので削除します。

コピペすると出てくる「位置調整用デフォーマ」

ちなみに、パーツをまとめてコピーすると位置調整専用のデフォーマが自動的に出現します。

素材の形の中で表示させるクリッピングマスク

通常は単に重なった状態
クリッピングマスク化

上図のように黒目を白目の中だけで表示させられる「クリッピングマスク」設定ができます。

素材の「インスペクタ」タブ内をいじります。

マスクにしたい素材のIDをコピー

マスクにしたい素材(図では白目パーツ)のIDをコピーします。

マスクを適用させる素材の「クリッピング」欄にペースト

マスクを適用させたい素材(図では黒目パーツ)の「クリッピング」にペーストします。

これでクリッピングマスク化ができます。

さらえみ

主に目や影に使う機能だとは思いますが、覚えておくと様々な表現ができて便利です。

さらに「マスクを反転」を使ってこんな表現もできるらしい…!

まとめ:便利機能をおぼえて作業を軽くしていこう

初心者のうちは覚える作業が多くて大変なLive2D。

これらの便利機能を知っておくと大変さも軽減され、より操作に慣れると思います。

初心者向け「まず1体を作りたい!」という人はこちらへ

あわせて読みたい
初心者でも大丈夫!Live2DでVTuberモデル制作の始め方 Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2DでVTuberモデルを作りたくても、初めてだと何からはじめたら良いかわかりにくいですよね。 ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ