早く知りたかったCLIP STUDIO PAINTの便利な使い方

クリスタがすっかり主戦力なイラストレーターさらえみです。

昔はペンタブでのドローイングにPhotoshopやSAIなどを使っていましたが、今では圧倒的なアップデートにより随分使いやすくなったCLIP STUDIO PAINTをメインに使っています。

トーンからブラシ背景まで多彩な素材集、ポーズの参考に最適な3Dモデル、パースや対角描画など豊富な定規ツール、線を引くのに重宝する画面の回転反転などなど、挙げればキリがないほど魅力的なツールが揃っています。

そんなCLIP STUDIO PAINTで「最初から知っておきたかった」と個人的に思った便利ツールを紹介します。ひょっとしたら後からアップデートされたのかもしれませんが、見つけた時にこれはスゴイ!と思ったものです。

便利なツールが豊富でも、知らなければ使われません。どなたかの知るきっかけになれば幸いです。

もくじ

画面の色を取得

その名の通り、スポイトでクリスタ場外の画面の色を取ることができます。
過去に描いたイラストや、配色ツールから引っ張ってくるのに便利。

メインメニュー「編集」の一番下にあります(画像参照)
私は使用頻度高めなので画面上の「コマンドバー」に入れて使っています。

↓こちらはタイツの色を、WEB上の画像から持ってきて塗りつぶしています。

フォルダーごと選択/切り抜き/コピー

フォルダーに複数レイヤーを入れたまま、フォルダごと選択して移動したり切り抜いたりできます。
いちいちレイヤー1枚ずつ選択したりフォルダーから外したりすることなく編集できるので便利。


↑フォルダに入れていた顔パーツ、目の瞳や白目、ハイライトや線画など複数レイヤー入れているのに、一気に選択できます。

レイヤーに描画された部分のみ1クリックで全選択


レイヤータブのサムネイルを「Ctrl+クリック」で、レイヤーに描画されている部分全てを選択できます。
レイヤーだけでなく、画像の通りフォルダーでも可能です。

線幅を太くする/細くする

パスでもない普通に描画した線を、指定幅で太くしたり細くしたりできます。

AdobeIllustratorのようなパス線ほどの詳細な太さ調整はできませんが、デジタル作画で軽く調整したいと思う場面は結構あるので重宝します。

投げなわ塗り

囲んだところを塗ってくれる機能。

昔は選択してから塗る、線画引いてから塗るのが主流だったので、ワンタッチで好きに面が塗れるのが快感です。慣れないと綺麗に塗るのは難しいかもしれません。

投げなわ塗りで消す



描画色/背景色の下にある透明の枠。これを選択すると好きなツールでレイヤーにあるものを消すことができます。

投げ縄でなくても、ペンやブラシで消すことが出来、消しゴムよりバリエーション豊かに消せますし、ほんの少しですがツール移動しなくても良い手間が省けます。ちょっと消したい時に便利。ペンタブを上下に返すのも何気に面倒ですしね。

モノクロ線画の白部分を透明に



メインメニュー「編集」の「輝度を透明度に変換」で白部分を透明に変換できます。

アナログで描いた線画をスキャンした時に便利そう。
私は線画もデジタルで描いているので、スキャナー使いまくっていた学生時代にこれが欲しかったです。

レイヤーが多くなっても編集しやすい!レイヤータブが2画面に


レイヤータブの左上「レイヤーを2ペインで表示」をオンにすると、レイヤータブが上下2画面に。

レイヤーが数十~数百枚と膨大になった時に、上から下までスクロールするのは手間ですよね。

これなら上下で表示する部分が変えられるので、長いスクロールせずに編集しやすくなります。

描きにくい時はペンカーソルを変更


人によるかもしれませんが、私はカーソル変更で一気に描きやすくなりました。

私は結構この呪いに悩まされていました。

ペンサイズの◯では上手く線が引けず、元々活用していたSAIとどう違うか調べてみたらSAIでは◯の中にカーソルがあって、ペンの中心がとてもわかりやすかったのです。中心があるのと無いのとで、こんなに感覚変わるのかと驚きました。

クリエイターの感覚って違和感ひとつでクオリティに影響するんだなと体感できました。

好きなツールをすぐに出現させるクイックアクセス

メインメニュー「ウィンドウ」上のほうにある、「クイックアクセス」は自分で好きなツールを登録しておけます。

私はショートカットに登録しておいて、描いてる最中すぐに呼び出せるようにしています。

好きなツールをショートカットに登録するにも限度がありますし、いちいちツール切り替えるのも積み重なると時間がとても勿体無いです。

アイコンも直感で見つけやすいようにカスタマイズしています。
クイックアクセスウィンドウで右クリックして「サブツール設定」から変更ができます。

アイコンはASSETSで素材と同様にたくさん配布されています。

背景作画に重宝する交点消し

ベクターで線を引くと、交点まで一気に消せる消しゴム機能を使うことができます。

↑こんな感じにベクターで交差線を引いて

消しゴムツールのプロパティ設定に「ベクター消去」を選べるようになっていて、「交点まで」という項目を選択。

表示されていない場合は、プロパティ右下のスパナマークをクリック。「サブツール詳細」「消去」から呼び出せます。

「交点まで」を選択した消しゴムで、交差した線をクリックするだけでこの通り。

1クリックで消せるので、背景素材など制作の時短になります。

資料づくりに最適!PDF書き出しプラグイン

CLIP STUDIO PAINTはプラグインを入れるとpdfデータ書き出しが可能になります。

500Gかかる有料プラグインです。

元々企画書やデザイン案などをAdobeIllustratorでpdf出力していたのですが、描画したイラストをいちいち移し替え配置したりするのが面倒だと思い、これに辿り着きました。

私は何ページも提案作る事が多いので、漫画用データで連番で作成してまとめてpdf出力しています。元データをclipデータで保存しておけるので、ソフトを跨がない分イラストも文章も修正がしやすい。

イラスト描くけど、デザイン提案もやってる人にオススメです。

ダウンロードはCLIP STUDIOから!

インストール完了すると↑のようにpdf書き出しできるようになります。

便利な左手デバイスTABMATE

CLIP STUDIO PAINTにはTABMATE(タブメイト)という専用左手デバイスがあります。

本来キーボードでショートカットを打ちながら、右手ではペンタブレットを操作して描画します。

が、これがあるとキーボードの変わりにショートカット操作ができ、左手を下ろしたままでも操作できるので、負担がかからずに済みます。かなり楽。

CLIP STUDIO PAINT専用なので、それ以外のツール操作はできません。

たまに勝手に連打したりと誤作動もあるので、より使いやすく進化してほしいです。

created by Rinker
セルシス
¥4,218 (2020/10/29 20:13:05時点 Amazon調べ-詳細)

TABMATEのiPad版が欲しい…

登録できるショートカットも多彩で、とても便利なんですが、残念ながらiPadには対応していません。

CLIP STUDIO PAINTはiPad版もあって利用しています。

iPadのほうがショートカット打つのが結構面倒なので、TABMATEが利用できたらPCと同じパフォーマンスが出せて助かるのにな~~?とずっと思っています。

クリスタはカスタマイズすると最強のペイントツール

CLIP STUDIO PAINTをメインで使うようになるまでには、持ってはいたけど他社ソフトがメインで敬遠していた時期が長かったです。

利用者は多いけれど私は慣れないなぁと思っていたのですが、使いやすくカスタマイズをしてみるとクリエイターの主力になります。

他にもCLIP STUDIO PAINTの便利な情報はWEBや本でたくさん出ています!

いつの間にかソフトアップデートして進化してたりするので、たまにチェックしてメンテナンスするのをオススメします。

私は↓こちらの本を参考に、設定しなおしました。初期設定のままでは使いづらく、カスタマイズすると本当に随分違いましたよ。

イラストレーター/デザイナーとして仕事を承っております
実績・サンプルはこちらからご覧いただけます

イラスト・キャラクター・アニメ制作
アニメグッズ・商品デザイン

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる