左手デバイスをいろいろ試してみた感想

デジタルイラスト制作をストレス無く早く完成させるためには、ショートカットは必須。

そんな時に活躍するのが「左手デバイス」

どんなソフトでも共通するキーボードショートカットを覚えておくに越したことは無いですが、イラスト制作にあたって常にキーボードでショートカットを使うのは、手首が痛くなったり入力ミスが起こりやすかったり、余計なストレスになります。

現在は左手デバイスも多種多様なものが発売されています。

そこで私が試してみたもののメリット・デメリットをまとめてみました。

自分の推しもありますが、どれも良し悪しな点があるので、導入する際の参考になるはずです。

もくじ

CLIP STUDIO TABMATE

CLIP STUDIOを知ってる人ならご存知の左手デバイス。

  • 無線なので手首を下ろして使えて肩が楽になる
  • 軽くて手が小さくても掴みやすい
  • コードレスでBluetooth対応
  • 同じ設定にしておけばメインPCでもノートPCでも同じ感覚で描ける

上記メリットが私にあっていたので今はこのTABMATEを使用しています。

ただし…

  • iPadには対応していない
  • たまに連続入力になってしまう
  • ペアリングがスムーズにいかない時もある
  • CLIP STUDIO PAINT以外には使えない

といったデメリットもあります。

比較的買いやすい値段でもあるので、デメリットに目を瞑れるならオススメです。

created by Rinker
セルシス
¥4,650 (2021/05/12 21:09:24時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに私の設定はこんな感じ。まだ変わっていくとは思います。

さらえみのTABMATE設定

BRAIN MAGIC Orbital2

クリエイターを科学するミライの左手デバイス「Orbital2‎」
最新型左手デバイス 「Orbital2(オービタルツー)」
最新型左手デバイス 「Orbital2(オービタルツー)」

デザインがめちゃくちゃカッコイイ左手デバイスOrbital2。

ソフトを問わず映像制作にも使えるとの評判もあって購入利用したことがあります。

LED光ってしかも光の色指定もできちゃって見た目や操作感のカッコよさは抜群です。

  • ほとんどソフトを問わず使える
  • 上下左右に倒して使うジョイスティックの使用感が心地良い
  • 各ボタンをカスタマイズできる種類が豊富
  • シンプルでスタイリッシュなデザイン
  • 有線なので入力が途切れる事は無い

以上がメリットなのですが、デメリット部分が私にはちょっと合わないかもと感じてしまいました。

  • 有線なので置く場所を固定して使う
  • どこかに置かないと使えない
  • 高さがあるので小さい手では掴みにくい
  • フラットリングのボタン形状が○△だけなので、感触だけでは上下左右がわかりにくく、どのボタンか判別できない

机の上に置くより、椅子の手すりや机の下に棚作ってそこに置いて使ったほうがまだ手や肩が疲れず使いやすいかもと思いました。

有線なのは接続が途切れないメリットにもなります。Bluetoothだとまだ途切れやすい時もありますからね。

8bitdo

左手デバイスとしても使えるとSNSでたまに噂にあがる、海外製のコントローラー。

  • Bluetooth対応ならiPadでもどれでも繋げられる
  • 小さくて片手で握りやすい
  • とても安い

というメリットが注目されていますが…

  • 設定できるショートカット数少ない
  • Bluetoothがとても途切れやすい
  • 設定が消えた時が何度かあった

といったデメリットが許容できずお蔵入りにしました。

元々ゲームコントローラーですしね。

私は結構前に購入したので今は違う仕様かもしれませんが、個人的にはあんまりオススメしません。

また試す機会があれば追記していきます

現在、試してみたのは3種だけですが、それでも各種個性が出ています。

他にも左手デバイスはありますし、今後もアップデートされた機種が出ると思うので、また試してみたいと思います。

あわせて読みたい
イラスト描く時に使える便利なツール
イラスト描く時に使える便利なツール絵を描いていてパソコンやタブレットで「もっとこういう機能があれば良いのに!」と思う事もありませんか。資料集めや作画時に私が利用している、かゆいところに手が届...
もくじ
閉じる