喜怒哀楽だけじゃない!いろんな表情のイラスト

前回、擬人化や創作に使えそうな私なりのキャラクターの作り方を紹介しました。

しかし、キャラクターを作っただけでは勿体無い!
もっと色んな表情をさせると、より魅力あふれるキャラクターになります。

基本的によく聞くのは『喜怒哀楽』だと思います。
喜怒哀楽でも単純に4つだけではなく色んな表現が可能です。
その表情パターンをちょっとひねり出しつつ紹介してみます。

うれしさの最高潮!喜ぶ表情

喜ぶ表情
嬉しい+何か別の感情も匂わすような表情が・・・
何を見てこんな喜び方してるのか想像がふくらみます(笑)

眉上げてへの字口だけじゃない!怒りの表情

怒りの表情
コミカルなギャグテイストや何かたくらんでるような
裏の顔を想像するような表情も足してみました。

演出によって大きく変わる哀しい顔

哀しい顔
こちらが本当に悲しくなりそうな表情から
守ってあげたい!ひょっとしたらわざと?とも感じれるバリエーションです(笑)

人によって様々!ウキウキ楽しい表現

楽しい表現
『喜』と似ているので若干おとなしめに。
ほっこりするようなイメージで出してみました。

多くの表現を性格やシーンで使い分けると効果的!

『喜』と『楽』が似た感情なので難しいですね。

さらに『驚く』『焦る』表情も考えてみると幅が広がりそうです。

アニメの設定資料では、キャラクターの性格によって『ここまでの表情ならOK』と崩す範囲が決められていたりします。

シーンによって、ギャグだったりシリアスだったり、使い分けると世界観に厚みが持たせられます。
キャラクター作りのヒントになれば幸いです♪







イラスト・キャラクター・アニメーション
▽お仕事を承っております▽

ABOUTこの記事をかいた人

さらえみ

キャラを愛するアニメ系イラストレーター。 若い世代に親まれるアニメタッチのイラストやショートアニメーションを提供するフリーランス。 WEBサイトを通じた依頼に特化しています。 現在2万pv/月を達成し、全国から様々なご依頼を受けております。 アニメーター(動画・原画)/映像制作会社のCGデザイナーを経験。 働く知恵を教えるイラストレーター支援もしており、関連イベントや即日埋まるセミナーを運営しています。 「2次元を心から楽しめる3次元へ」を理念に活動を続けています。