キャラクターマーケティング

キャラクターをかわいく見せる表情集!喜怒哀楽パターン

2016/04/21

前回、擬人化や創作に使えそうな私なりのキャラクターの作り方を紹介しました。

しかし、キャラクターを作っただけでは勿体無い!
もっと色んな表情をさせると、より魅力あふれるキャラクターになります。

基本的によく聞くのは『喜怒哀楽』だと思います。
喜怒哀楽でも単純に4つだけではなく色んな表現が可能です。
その表情パターンをちょっとひねり出しつつ紹介してみます。

うれしさの最高潮!喜ぶ表情

喜ぶ表情
嬉しい+何か別の感情も匂わすような表情が・・・
何を見てこんな喜び方してるのか想像がふくらみます(笑)

眉上げてへの字口だけじゃない!怒りの表情

怒りの表情
コミカルなギャグテイストや何かたくらんでるような
裏の顔を想像するような表情も足してみました。

演出によって大きく変わる哀しい顔

哀しい顔
こちらが本当に悲しくなりそうな表情から
守ってあげたい!ひょっとしたらわざと?とも感じれるバリエーションです(笑)

人によって様々!ウキウキ楽しい表現

楽しい表現
『喜』と似ているので若干おとなしめに。
ほっこりするようなイメージで出してみました。

多くの表現を性格やシーンで使い分けると効果的!

『喜』と『楽』が似た感情なので難しいですね。
わざわざ分けなくてもいいのかもしれません。
それより『驚く』『焦る』表情も考えてみると幅が広がりそうです。

アニメの設定資料では、キャラクターの性格によって
『ここまでの表情ならOK』と崩す範囲が決められていたりします。

シーンによって、ギャグだったりシリアスだったり
使い分けると世界観に入りやすくなります。

なにかキャラクター作りのヒントになれば幸いです♪

The following two tabs change content below.
さらえみ
アニメも作るイラストレーター。20代はアニメーターとして月100枚程度作画し、後にキャラクター映像制作会社のデザイナーとしてキャラクターデザインからCGアニメーション制作まで携わっていました。『2次元と3次元を元気にする』をモットーに活動中。キャラクターに感情を与え社会で活躍してもらうために知恵と能力を提供します。大阪府阪南市に在住。既婚者。アニメ・声優好き。
3年後のあなたを変える!爆発スタートクリエイター200人祭り!

ご依頼はこちらから
一般企業様、出版・企画会社様、広告代理店様 等からの
お仕事のご依頼お待ちしております。

-キャラクターマーケティング
-, ,