会社員からフリーランスイラストレーターになって読んだ本30冊

2015年にフリーランスになりました、イラストレーターのさらえみです。
私は元々会社員デザイナーでフリーランスになるにあたってハードル高いなぁと思いながら、今のWEBから仕事が来るようになったフリーランスイラストレーターに至っています。

少し初心に返って、これまでに読んだ本(趣味のマンガを除く/笑)を紹介してみます。
改めて見てみると当時の課題や私の好きな傾向もわかって面白かったです。

私が読んだ時系列順にまとめてみました。

クリエイターのための独立ガイド―フリーで好きな仕事がしたい!

会社辞めるかどうかの時期に読んでいました。
事務所構える話も入っているので「ハードル高いな」と思う部分もありますが、実際独立されているクリエイターのリアルな情報が写真や図解付きで掲載されているので、仕事辛い時期に「フリーランスクリエイターってこんな感じなのか!ワクワク!」と思わせてもらった1冊です。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

こちらも会社辞めるかどうかの時期に読んでいました。

フリーランスなるにあたって一番ハードルに感じるものは確定申告と契約書関連ではないでしょうか。
会社員だとこのあたり知らなくても問題ない生活なので、不安に思って読んだ本です。

有名な本ですし、社会保険などの話も紐付いているので読んで損はないと思います。

自力で自立する マイスタイル起業

フリーランスなるけど勉強せなわからんよな!と今のWEBサイト建てる前くらいに読みました。

ブランディングの本で、起業の考えが必要だなと認識しだした頃に読んだので抵抗なく読めました。
会社員の頃だと、ブランディングって・・・横文字苦手意識が強かったので、この時期に出会えて良かった本です。

すごくわかりやすく段階踏んで起業に必要な事が書かれています。

沈黙のWebマーケティング

フリーランスなるにあたって様々な勉強してるところに勧められました。

WEBで仕事を取るには何を改善したら良いのか、マーケティングの基礎がわかる本です。
ストーリーマンガのような展開なので読みやすく、専門知識の解説も丁寧です。

WEB上でも読めますが↓書籍のほうが情報量多いです!

100円のコーラを1000円で売る方法

ここから数冊は起業する人が必ず通る本かな?と個人的に思います。
この本は売りたい物をそのまま売るのか、価値をつけるってどういうことかを学べます。

私が文字が多いと読まなくなるタイプなのでマンガ版を購入しました。
キャラが濃くてマンガとしても面白かったです!

マンガでやさしくわかるアドラー心理学

アドラー心理学、有名です。
いろんな本があるなかで、やはり自分に取り込みやすいマンガをチョイスしました。

対人関係や劣等感に悩む人、日本には多いんではないかと思います。
そういった問題にどう考えていくのかが示されています。

今思えばこれ読んでいたから、ある程度の防御力がついたのかなと思いました。
この絵柄も私好みで気に入っています。

マンガでやさしくわかるマーケティング

調子乗ってマンガでやさしくわかるシリーズを読みだしています。プチマイブーム。

マーケティングの基礎が詰まった本です。
お客さんに何を出していけば良いのかなど図解も含めてわかりやすく書かれています。

マンガでやさしくわかる事業計画書

事業計画書って難しい・・・けど、マンガならわかりやすいんじゃない!?と思って読んだ本です。

知恵や技術があっても数字を無視していたら現実的ではなくなり破綻してしまいます。
事業計画書の難しさは変わりませんが・・・現実的に何の数字を考えたほうが良いのかが丁寧に解説されています。

ゼロからのAfterEffectsエクスプレッション奮闘記エクスプレッションがわからん!

専門書です!
会社員時代に技術を培った動画を作るソフト、After Effectsのチカラがやっぱり必要だな!と思い購入。

経験を積み重ねていても、プログラミングに近いエクスプレッションは得意ではなかったです。
しかし動画制作を効率的に進めるにあたって、これは外せない分野です。

作っているアニメーションのキャラクターを輝かせるためにも必要だと思いました。

作りたい時に調べるというよりは、本の通りに制作していって身につく系の本でした。

マーケティング/検索エンジンに強くなる Google Search Consoleの教科書

「Googleウェブマスターツールの教科書」と呼ばれてた時代に読みました。

検索からのアクセスを増やすのに必要な、Googleサーチコンソールの使い方や見方がわかる本です。
複雑な情報が多いので、この本でパラパラっと見て「これ知りたいな~」と思った箇所だけ読み込んで活かしていました。

配色デザイン見本帳 配色の基礎と考え方が学べるガイドブック

絵描きクリエイターらしい本が続きます!

私はデザイナーではないのですが、デザインごと頼まれることもありましたし、自分の営業ツールにも色のチカラやデザインのチカラも偉大だと考えています。

専門用語の解説に加えて、イメージにあわせた配色がパッとわかるので今でも重宝しています。

ノンデザイナーズ・デザインブック

こちらはグラフィック系デザイナー界隈で有名な本です。
改訂版が何版も出されていて人気ぶりが伺えます。

元々海外の本なので、私が持ってる「フルカラー新装増補版」ではまだ海外色の強さが目立ちます。

配色からレイアウトまで網羅されていて、図解があるのでちょっとデザインかじりたいんだけどという人にわかりやすくなっています。
ポスターや広告の話が多い印象です。

伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール

こちらはプレゼンにも使えて↑よりも日本人にわかりやすく書かれた本です。
非常に見やすいです。

フォントの大きさからグラフの配置、色の見やすさなど。
印刷物やスライドはもちろん、ブログにも言えることがたくさん詰まっています。

伝えたい内容は良いのにデザインで損してると感じてる人は必見かと思います。

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

ブログにハマった時期に読んだ本が続きます。
仕事が取れだしてもっとやってみたい!と思った頃です。

ブログ飯で有名な染谷昌利さんの本なので間違いないと思い購入しました。
多くのブロガーさんの事例が掲載されているため、自分に合うブログのやり方を知ることができました!

武器としての書く技術

有名なイケハヤさんの本読んでみたいと購入。

ブログをやる意味を示しながら解説されていて、ボリューミーで鋭い指摘も多かったです。
私もできてない点が多いので、改めて再読してみます。

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意

楽しんで書くを大事にされているので読みました。
人の「楽しい!」情熱は伝わりやすいので私も大事にしたいもののひとつです。

ブログのハードルは「あれもこれも書かなきゃ・・・」って自らハードルをあげてしまいがちで、それを楽しく効率的に書くための方法がたくさん載っています。

サラリーマンが副業ブログで35万円稼ぐまでの奮闘記 ブログのアクセスアップの方法、稼ぎ方を勉強しよう

稼ぎ方の勉強・・・ギラギラしていますよね!
副業ブログというテーマではあるんですが、私はnote版を購入して読んでいます。

会社員辞める頃にタクスズキさんのブログが好きで、ずっと読んでいました。
会社を辞めるのはこういう考え方で良いんだと思ったきっかけになりました。

当然ブロガー色の濃い内容ですが、フリーランスとして役に立つ情報が満載です。

確定申告を簡単に自動化してラクする本 2018年版MFクラウド確定申告公式ガイド

確定申告はMFクラウドシリーズを利用しています。

ツールを利用することで随分ラクになりましたが、入力は手間がかかります。
入力ラクにする方法は調べるのも大変なので、この本で一気に自動化のコツを知って、さらに半分くらいラクになりました。

ゆくゆくは専門職の方にお願いしたいと思っていますが、少ない経費で進める今のうちはまだまだ頼りにしています。

インベスターZ

勧められて読みました。
ドラゴン桜で有名な作者のマンガです。
連載中の長いマンガですが凄い安い価格で売ってる時もあります!

お金をどう扱うのか、学生や会社員ではわからなかった視点をマンガで面白く知れる内容です。
全てが正解では無いかもしれませんが、こういう考え方あるのか!と思えます。

普通にマンガとしても面白いです!

ミッションからはじめよう!

こちらも勧められて読みました。
経営者向けの本です。

活字多めですがストーリー調なので、経営にハードル感じていても読みやすいです。

ビジネスの戦略をどう組み立てていくのかといった内容で、フリーランスにも通じる部分があり自分の仕事にある課題は何なのかを整理するきっかけになりました。

フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法

こちらも勧められて読みました。

フリーランスの進め方をタイプごとに示しているのが印象的です。
起業に近い考え方以外にもITの視点も取り入れられていて、とても読みやすかったです!

デジタルイラストの「身体」描き方事典

このシリーズもいろんな描き方バージョンが出ていて有名です。

絵描けるのに今更・・・!?とも思いますが、人体の筋肉や骨など構造を簡略化して伝えているので、美術書ではしんどい・・・萌え絵ばかりで上手くならない・・・と感じてる人にはオススメです。

人物画関連書は会社員時代にも読んでいましたが、こういう描き方指南が欲しかったんですよー!

「おそ松さん」の企画術 ヒットの秘密を解き明かす

大ヒットを遂げたアニメ「おそ松さん」の制作側裏話です。

私も例に漏れず、おそ松さんにハマったのですが(カラ松推しです)よく「イケボ声優さんが揃っているからヒットした」と目にしています。

それももちろん大きな要因ですが、私的には、それ以外にキャラクター性とか話の出し方とか赤塚作品の魅力とかを汲み取った結果じゃないかと思っています。

アニメ会社の老舗、スタジオぴえろの企画作戦が垣間見えて、とてもおもしろかった1冊です。

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

ちきりんさんの本が凄く入りやすくて良く読んでいます。
いつもうっかり立ち読みすると止まらなくなります・・・!

思い込みでこれが常識なのだと信じがちな働き方や過ごし方を、様々な視点でクリアにしてくれます。

「頑張ればなんとかなる」ではなく「人によって違う頑張り方を探す」チカラが身につきます。

今の学校教育が良くない視点とか、私には共感できるところが多いです。

好きなイラストを描いてオカネを稼ぐ方法

シンプルでわかりやすいですね!

親しみやすいイラストともに本音出しながら書いてあるので面白く読めます。
私はどちらかというと「あるあるー!」と思えたので、イラストレーター初心者さんにオススメです。

東村アキコ完全プロデュース 超速!! 漫画ポーズ集

他にもポーズ集は色々持っていますが、斬新だなと思い購入。

補助線とか使って描くこともあるけど、写真見て描いたほうが断然早い。
ポーズ集って美術系だと古いものが多かったり、コミック系だとすごくカッコイイ可愛いポーズが多かったりします。

この本は普通のポーズ集には無い、スマホとか食べたり飲んだりとか二人での仕草とか日常ポーズが充実しています。

ちなみに東村アキコ先生の漫画はタラレバ娘が好きです(笑)

現場で役立つCLIP STUDIO PAINT PRO/EX 時短テクニック

これは読んでからずっと推している本です。

イラストや漫画を描くのに重宝する描画ソフトCLIP STUDIO。
機能が多すぎてイチから調べてカスタマイズしていくの面倒くさい。でもやらないと描く度に無駄な時間が取られてしまう。

この本は「もっと早く教えて欲しかったー!!」と思うCLIP STUDIOの知られざる機能、カスタマイズの方法が載っています。
カスタマイズし辛い、描き辛いと感じてる人は必読です。

効率化オタクが実践する 光速パソコン仕事術

有名なブロガーさんのパソコン効率系の本です。

効率大好きなので何かと方法をネットでも調べるのですが、よくこの著者のヨスさんのブログにも辿り着きます。

↑上記のクリスタ本といい、これ読んでた時期はどうにか時間作らないとマズいとなっていたんだと思います。

変換の工夫から便利ツールまで、目からウロコなパソコン効率化情報が記載されています!

みんなのイラスト教室

有名なイラストレーター中村佑介先生の本です。
イラストをどう改善したら良いのかが、一般の人にもわかりやすく解説されています。

最終章の話には、学生時代は肩身狭かったしイラストに対する価値を下げるものが多かったな~と思い出して感動しました。

こちらにも感想を書いています。

プロとして知りたいこと全部。 イラストレーターの仕事がわかる本

WEBを使ってブログのノウハウ知りながらイラストレーターをやってきたので、改めてイラストレーターの常識を見てみようと購入した本です。

何人かのイラストレーターさんが協力していて、イラストレーターの仕事を印刷からWEBまで隅々まで網羅していました。
著作権や公募の情報まで書いてあり、参考書になっています。

キリが良いので30冊紹介しました。まだ細々とは読んだ本はあるはずです。

まとめてみて、イラスト、WEB、起業、経営といろんな本読んでたなと思いました。

昔読んだ本も今読むとまた違う発見ができそうなので再読してみます!
読むだけでも無意識に入ってくるものもありますが、せっかく買った本はしっかり活用しないと勿体無いですよね。