2018年振り返りと2019年に向けて

2018年はかなりあっという間に過ぎた感覚のイラストレーターさらえみです。
1年の振り返りと2019年にやることをまとめました。

プロとしての責任と道筋を考える1年でした

この1年も本当にありがたい仕事に携わることができました。

特に田原俊彦さんの香水キービジュアル。
ファンに寄り添える仕事は憧れでありましたし、実際やってみて「喜んでくださるだろうか・・・」というプレッシャーもありました。
私もアーティストに救われて応援する気持ちはとても分かるので、その想いを込めて制作。もちろんご本人の確認も通っています。

ファンからSNSで直接お礼言われたり、街中で大事そうにイラスト入りカード使っていらっしゃるファンの方をお見かけして、本当に嬉しかったです。もっとこういう仕事に携わっていきたいです。

全体的には仕事件数は少なめに。
年初めに他の仕事の都合でセーブしてしまったのもあり、前年に比べて件数は減ってしまいました。
その原因は見えていて、より方向性を磨いていくのが直近の課題になっています。

イラストレーターユニット柿プロから感じたこと

「柿間久留乃プロダクション」という3人ユニットで、イラストレーターの仕事あれこれを喋りまくるトークイベントを開催。
ちょっと考えられない豪華ゲストもお迎えして計4回開催。各回全て70名前後!の参加者を集めることができました。

2018年は柿プロの凄さは外せません。
毎回気を抜かず趣向凝らして挑みましたが、しかも秋は3ヶ月連続で毎回なかなか呼べる人数ではありません。そしてどの回もアンケート満足度は高いものでした。

柿プロでは、3人ともどの回もめちゃくちゃ楽しんで企画開催していきました。
お酒有りのワンドリンク配布回も裏では大変なことになってたんですが(笑)それも実際に笑いながら対処していきました。

人を巻き込んで楽しく実施していく事で結果に繋がったベストな形を柿プロで見れました。この感覚を制作仕事にも反映させていきたいです。
メンバーのticaさんかわぐちさんはフリー歴長い先輩ですが2人に負けないようにしっかり仕事しなくてはとも思い知らされました(笑)

WEBサイトさりげにリニューアルしましたので、良かったら見て下さいね。

今後3年は40代見据えてチャレンジ

私、3年ちょい経つと40歳になります。

これまでは会社員からフリーランスとして生きるのがベースでしたが、40歳で同じノリではキツいと感じています。イラスト業界も技術の進歩が凄いので、技術に頼りきらず様々な経験を組み合わせて、できるだけ唯一無二を目指していきたいです。

今イラストではないデザインの仕事に携わらせていただいています。
今更イラストに縛られることはないのですが、枠を超えてもやりたいと感じた想いはどうにか一生貫きたいです。
公開までしばらくお待ちください♪

オリジナルコンテンツへのチャレンジ。
作風を出していくためにも生き残るためにもオリジナルを持つのは必要だと感じています。
気張りすぎても続かないし、大事にしている考えが入っていないと辛くなってくる事がわかってきたので、ブログのように辞めないをベースにオリジナルへのチャレンジは続けていきます。やりたいこと片っ端からやってみよう。

私は仕事を通して、必ずだれかの心を救っているエンタメと2次元との関わりを大事にし、それらが社会に役に立っているという証明をしていきたいです。

人との関わり楽しみつつも、フリーになった頃の「依存せず個人でしっかり仕事できるよう成長したい」気持ちは忘れずに進んでいきます。
よーし、頑張っていきましょう!