背景作画にオススメ!CLIP STUDIO PAINTパース定規の使い方

  • URLをコピーしました!

カスタマイズしたらCLIP STUDIO PAINTから離れられなくなった、さらえみ(@saraemiii)です。

イラスト工程の中でも面倒くささトップに入る背景作画。

デジタルでの背景作画のサポートとして活躍するのがパース定規です。

のパース定規は、各種透視図法のガイドを設置してその通りに線を引くことができ、さらに沢山の機能があります。

そんな便利なパース定規の機能と使い方を背景作画に使えるポイント交えて紹介します。

さらえみ

私もなんとなーく使ってたパース定規。
細かい操作方法までは知らなかったので、自分のおさらいも兼ねてまとめてみます。

もくじ

レイヤーにパース定規を設置

CLIP STUDIO PAINTで新規キャンバスを作成し、パース定規を設置していきます。

メニュー「レイヤー」から作成

「レイヤー」→「定規・コマ枠」→「パース定規の作成」

メニュー「レイヤー」→「定規・コマ枠」→「パース定規の作成」で下図ウィンドウが出現。

透視図法を選ぶ

透視図法の種類を選びます。

レイヤーを新規作成」にチェックを入れると、選択しているレイヤーではなく定規が付いた新たなレイヤーが作成されます。

CLIP STUDIO PAINTのパース定規

上図のようなパースラインが作成されます。

透視図法の種類

1点透視

画面内に1つ消失点がある「1点透視」

2点透視

画面外に2つ消失点がある「2点透視」

3点透視

画面外下にも消失点があり高さも感じられる「3点透視」

これらの透視図法を使うことで奥行きのある背景が描きやすくなります。

さらえみ

上図は、よく使われそうなカメラ位置を例に描いてみました。
これが絶対というわけではなく消失点が画面内や上下にある場合もあります。

定規ツールから手動で作成

定規ツール一覧

定規ツールにも「パース定規」という項目があります。

パース定規の「ツールプロパティ」より
手動だとこのようにパースラインを作れる

パース定規の「ツールプロパティ」「処理内容」「消失点の追加」にしておいて、線の方向を2本決めるとパースラインが作成されます。

ここから消失点を追加して、2点透視・3点透視にしていきます。

「オブジェクト操作」で定規の位置や形を変更できる

「オブジェクト操作」
ツールではこんなアイコン

定規は「オブジェクト操作」のカーソルにすると、移動・回転・変形などができます。

オブジェクト操作の「ツールプロパティ」

オブジェクト操作パース定規を選択すると「ツールプロパティにも様々な機能が表示されます。

さらえみ

アイレベルを水平にする」は使用頻度高いかも。
パースライン右クリックでも出現します。

パース定規についているマークについて

パース定規の少し外れた所にある大きな印

この少し外れた所にある大きなマークは、パース定規全体を操作するアイコンです。

パース定規に付いてくるマークの機能

上図のように、アイレベルや消失点とパースライン(ガイド線)、垂直線を操作できます。

さらえみ

慣れないうちは消失点と垂直線でごちゃごちゃして操作ミス乱発してました💦

スナップをオン/オフでパースライン(ガイド)の色が変わります

スナップオン
スナップオフ
  • スナップオン →
  • スナップオフ →

デフォルトがこの色ですが「環境設定」で好きな色に変更できます。

消失点/ガイド線の追加

消失点やガイド線(パースライン)はいくらでも追加できます。

右クリック

パース定規を選択した状態右クリックすると追加/削除の項目が出現します。

パース定規のツールプロパティ
パース定規の「ツールプロパティ」より

定規ツールを使って「消失点の追加」設定で追加できます。

右クリックした時同様に、パース定規のツールプロパティ「処理内容」に削除などの項目もあります。

透視図法を変更

透視図法を変更」にチェックを入れると、手動で付けた消失点にアイレベルが引っ張られて位置が変わってしまいます。

さらえみ

手動で引くと思った位置に定まりにくいので、私はこの機能をあまり使っていないです。

消失点やガイド線の追加は、例えば以下のような時に活用します

アイレベル上の追加補助として

追加した消失点をアイレベルへドラッグすると、スナップが効いてアイレベルに吸着します。

例えば小物に表情をつけたい時に

同じパースでつまらない時に
別の消失点を追加して描く

同じパースライン上に小物を置きまくると同じ向きの物だらけで気持ち悪い絵になってしまいます。

小物の向きを変えたい時に消失点を同じアイレベル上に追加すると描きやすくなります。

坂や屋根など傾斜用に

アイレベルから外れた消失点は、背景の坂や屋根といった傾斜に使います。

赤線が屋根のパース

上図のように屋根パースは建物のアイレベル上にはありません。

さらえみ

パースをさらに難しくしてくる傾斜💦
厳密に描くには計算も必要になってきますが、基本のパースに慣れるまでは楽しく描くことを優先して良いと私は思います。

消失点を無くし平行線になる「無限遠にする」

あまりパースを効かせたくないけれど奥行きは描いておきたい…

そんな時に「無限遠にする」を活用します。

さらえみ

無限遠は「むげんえん」と読むそうです(知らなかった…)

右クリックメニュー
ツールプロパティ「処理内容」より

パース定規を右クリックするか、パース定規のツールプロパティから選択できます。

パースラインを無限遠にする方法

パースラインをShift押しながらドラッグでも無限遠にできます。

無限遠になった状態

これらの操作で上図のような消失点のない平行なパースラインが作成できます。

パースを感じさせたくない所に使う

あまりパースを感じさせたくない…遠景や天井・床など、パースの整合性よりも雰囲気を重視させたい時などに「無限遠」を使います。

厳密にはもっと計算とかが生じるとは思います。

そうなると製図に近い堅い絵になっちゃうと思うので、そこまで厳密に捉えず使って良いと思っています。

消失点とアイレベルを固定する

描いてる最中にうっかり動かないように、消失点やアイレベルを固定できます。

消失点の固定

消失点を右クリック

消失点を選んで右クリック→「消失点を固定」で固定できます。

ツールプロパティ「処理内容」より

ツールプロパティでは「消失点の固定」を選ぶとカーソルが変わるので、それで消失点をクリックすると固定できます。

固定された消失点

固定された消失点は上図のように灰色でマークされます。

アイレベル上に無い消失点も同様に固定できます。

アイレベルを固定

ツールプロパティより

「アイレベルを固定」は、消失点を動かした時にアイレベルごと動かないようにする機能です。

固定前
固定後

上図のように固定ナシでは消失点を動かすとアイレベルも動いてしまいます。

「アイレベルを固定」にしていても…

「アイレベルを固定」にチェックしていても、アイレベルを移動/回転させるマークを動かすと動いてしまいます。

背景が描きやすくなるポイント

私が初心者~背景をある程度描けるようになった時の感覚をまとめてみました。

アイレベルを意識する

アイレベルが中央
アイレベルが下(アオリ)
アイレベルが上(フカン)

消失点やパースラインを気にするよりも先にアイレベルを把握しておくと正解を出しやすくなります。

さらえみ

下手でもアイレベルがどこにあるかがわかると、アイレベルより上はどう見える下はどう見える…とどう描いたら良いかが考えやすくなります。

絵のテイストによってはパースラインはそこまで厳密じゃなくても良いと私は思います。

上図はすべて1点透視ですが、アイレベルの位置によって見え方が随分変わります。

写真のアイレベルがどこにあるか、自分が電車に乗っていて立った時と座った時の見え方の違いなど、意識して見るようにするだけでもアイレベルを把握しやすくなります。

グリッドや立方体で補助

描くの面倒そうな玉座

突然全部描こうとせずに、パースに沿ったグリッドや立方体を引いてから収めるように描くと、どんなものでもどんな角度でも描きやすくなってきます。

補助線を引く分だけどうしても時間はかかりますが、闇雲に描くより断然早くキレイに描けます。

慣れればだんだん補助線が少なくても描けるようになっていきます。

人物を置いて測る

人を置いて測る

外の背景になると建物の大きさなど整合性が取るのが難しくなります。

そういう時はアイレベルを元に仮の人物を置いて建物の物差しにすると描きやすくなります。

上図の場合は、メインキャラの胸にアイレベルがあるので、同じく胸にアイレベルが来るように遠くに人物を置き、それを元に建物の入り口から描いていきました。(少し背が高めになっています)

空間に迷ったらこんな風に人物を置いてみると描きやすくなります。

どうしても面倒くさい!そんな時は背景素材という手も

には最初から用意された背景素材もあります。

2Dの背景絵素材

2Dの背景素材はトーンや柄のように貼り付けられます。

3Dの背景素材

3Dの背景素材は回転や移動、パーツを追加/削除でき、線画やトーン化することもできます。

CLIP STUDIO PAINT専用の素材サイト「CLIP STUDIO ASSETS」

専用の素材サイト「CLIP STUDIO ASSETS」では、公式やユーザーが作成した素材が多数配布されています。

さらえみ

本当にいろんな種類があるし、3Dは驚くくらい便利なので、背景をたくさん使う漫画では結構使われているみたいです。

単体のイラストではピッタリの素材はなかなか無いので滅多に使いません。参考やアレンジして使うことはあるかも。

CLIP STUDIO PAINTで背景を描いた作例

実際にCLIP STUDIO PAINTのパース定規を使って作画しているイラスト例です。

あわせて読みたい
パースを使って背景を描く・・・カフェで佇むイラストのメイキング 【メイキング動画はこちら】 https://youtu.be/f3ohREPyOVY 今回はCLIP STUDIO PAINTのみを使用。このメイキング動画は、少しずつ描き進めた動画をつなぎ合わせたもので...
あわせて読みたい
時代劇がテーマ!アニメ風イラストの描き方 仕事でアニメ風イラストを一般企業やデザイン会社、企画会社などに提供しています。 元々アニメーター経験がありデジタル画像制作もデザイン仕事で長くやっていました。...

パース定規で楽しく背景を描いて上達の近道に

パース定規はあくまでサポートとなる存在なので「これひとつで背景が上手くなる!」とはいきませんが、使っているうちに背景作画の理解が深まっていきます。

便利機能を使って楽しく描いてもらって上手くなっていくきっかけになれば幸いです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる