購入前に知っておきたい!Live2Dで出来ることと必要な物

Live2Dでアニメ制作したりVTuberになったりしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。

Live2Dで動くキャラクターを作ってみたいけれど、よくわからないまま購入するのは怖いですよね。

さらえみ

私も「こういう事ができるんだろう」くらいの気持ちではじめてみたら「あれもこれも必要なのか…!」と後から気づいた事がたくさんあります。

一体何が出来て、どんな道具が必要なのか紹介していきます。

もくじ

Live2Dで出来ること

キャラクターイラスト1枚でVTuberのようなアニメが作れると評判のLive2D。

ゲームやアプリ等、プロの現場でも使われるソフトですが、こういった事ができます。

  • 1枚絵を動かせる…ただしパーツ分けや設定が必要
  • 髪や服のなびきを自動で動かせる
  • 手や指まで動かす事ができる
  • VTuberとして使う以外にも使える

1枚絵を動かせる→パーツ分け・設定は必要

レイヤー毎にパーツ分けが必要

1枚絵を動かせると言っても、顔・前髪・腕などレイヤー毎にパーツ分けをしたPSDデータを使う事になります。

パーツの接続部は、動いた時に見えても大丈夫なように描き足す必要があります

例えば「顔」と「体」をつなぐ「首」は顔や体に被るように長めに描いておきます。

各パーツにこういった工夫が必要です。

さらえみ

パーツ毎に描いても、すごい枚数の線画+塗りを統合させる作業が大変…!?
Live2D公式がPhotoshop専用プラグインを出しているので、1クリックで統合できるようになっています。これがとても便利。

パーツ分けをした上で、Live2Dソフトで動きの設定をしていくことになります。

髪や服のなびきを自動で動かせる

物理演算設定」をすることで、モデル全体の揺れ方に合わせて髪や服が自動的に揺れるようになります。

これにも物理演算少し入ってます

短い髪型なので、わかりにくいですがこちら↑にも物理演算で髪がふわっと動くようになっています。

VTuberモデルとして作りたい場合、この設定が無くても十分なモデルは出来ますが、少しでもリアルに動かしたい・こだわったリッチなモデルを作りたい時に「物理演算設定」が凄く役に立ちます。

さらえみ

長い髪やスカート、マントなどに映えますね!

手や指まで動かす事ができる

たまに手を振ったり、指でポーズをつけるVTuberがいますよね。

ああいったこともLive2Dで可能になります。

ただし、そのためには腕・手・指を細かくパーツ分けして細かく設定する必要があります。

配信用ソフトへ組み込む際に設定すれば、キーボード1つ押すだけでそういったアクションを取る事ができるようになります。

VTuberとして使う以外にも使える

VTuberモデルとして使う以外にも、ゲームやアプリで使われてるようなキャラクター素材制作にも使えます。

画像や動画データとして書き出せるので、別の映像編集ソフトにキャラクターアニメ素材として利用し作品制作に活用できます。

映画やアニメの制作現場で使われるソフト「Adobe After Effects」と連携できるプラグインもあります。

Live2Dモデルの活用方法はこちらにまとめています

あわせて読みたい
Live2DモデルをVTuber配信やアニメ映像として使う方法 Live2Dを使ってアニメ制作もVTuberまでやりはじめたイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 イラストのイメージを損なわずキャラクターを動かせるのがLive2Dです...

Live2Dモデルを作るのは難しい?

全部自動的に!とはいきませんし、初めて触る人には難しい部分もあります。

自分の絵でVTuber作れたら楽しいですし、動き方も自分なりにカスタマイズできるのがLive2Dの一番の魅力です。

簡単とは言えませんが、人気ソフトなので本やネットで解説したものはとても多いですし、慣れれば楽しんで作れます。

Live2Dソフトもアップデートを繰り返してどんどん作りやすくなっています。

さらえみ

↓下の作り方をまとめた記事を見ると作業ボリュームに不安になるかもしれませんが、基本的な作り方は3体くらい作るとかなり慣れてきますよ~!

1からLive2Dモデルの作り方をこちらで解説してみました

あわせて読みたい
Live2Dを使ったVTuberキャラクターモデルの作り方 Live2D初期の頃から触ってはいた、さらえみ(@saraemiii)です。 キャラクターを動かしたいけれど、アニメーションはハードルが高い。 イラストの良さを残したまま動画用...

Live2D制作に必要なもの

Live2Dモデル制作に必要なものは以下の通りです。

  • Live2Dソフト「Live2D Cubism Editor」
  • デジタルで絵を描くツール
  • PSDデータを扱えるペイントソフト

デジタルで絵を描くツール

アナログで描いたものをパソコンに移してLive2D化…とするのは、かなり難しいと思います。

iPadや、ペンタブといったデジタルで絵を描ける環境は必須です。

自分に合った作画環境で良いと思います。

参考までに…私が使っているツールはこちらにまとめています

あわせて読みたい
フリーランスイラストレーターが使用している道具とソフトを紹介 デジタルでイラストやデザイン制作をしているフリーランスの、さらえみ(@saraemiii)です。 デジタルイラストひとつとっても、年々新しいものがリリースされてペンタブや...

ペイントソフトはPSD保存が効くものを

Live2DはPSDデータを読み込むので、PSD編集・保存ができるペイントソフトで描く必要があります。

さらえみ

個人的には、パソコンだと買い切りで・iPadだとサブスクで使えて、色々な対応ができる「CLIP STUDIO PAINT」がオススメです。

機能豊富でイラスト制作が楽しくなる「CLIP STUDIO PAINT PRO」はこちら

「PRO」には充分イラスト制作に便利なツールが揃っています。3ヶ月の無料お試し体験アリ!

clip-studio.com
CLIP STUDIO PAINTはカスタマイズするほど使用しやすく、参考になるノウハウもネットやWEBに多くあります!イラストを描くならPROでも充分な機能が揃っています。

CLIP STUDIO PAINTの魅力と使い方をまとめています

あわせて読みたい
CLIP STUDIO PAINTを使ったイラストの描き方 CLIP STUDIO PAINTでイラスト描いて仕事をしている、さらえみ(@saraemiii)です。 私のイラスト作品を完成させるまでの流れをまとめてみました。 ほぼ独学ですが、会社員...

パーツ分けしたレイヤー統合に便利なプラグインを使うには「Adobe Photoshop」も必要です。

Photoshopはあまり絵を描くには向いておらず、お値段も高め。

無理に用意しなくてもと思いますが、あると便利ではあります。

VTuberとして配信までする場合に必要なもの

さらに、VTuberとして配信したい場合に必要なものは以下の通りです。

  • WEBカメラ
  • マイク
  • インターネット環境
  • 配信ソフト

WEBカメラはこれで充分対応できます

こちらのWEBカメラの古いモデルを何年も使用していますが、何の問題もなく使用できています。

角度調整もカメラを触ってできるのでとても使いやすいです。

高性能ならこのWEBカメラ

撮影する室内が暗めで認識しにくそうな場合は、こちらのような高性能なカメラの方が良いです。

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥9,647 (2021/10/18 07:57:44時点 Amazon調べ-詳細)

マイクは少し良いモノがオススメ

WEBカメラにもマイク機能がついている物が多いですが、距離があるので遠くなりがちです。

さらえみ

最初の頃に数千円のマイクを使っていたのですが、私は声が小さめなので聴こえが良くなるようVTubarがよく使っているマイクを導入しました。

声に自信があるなら安くても

声に自信のある人は数千円のマイクでも問題無いと思います。

ポップガードは必須

ツバや息の音防止にポップガードを使うと効果的です。

さらえみ

私が声が小さいのを大きくしているせいでもありますが、ポップガードナシでやるとノイズが入ってしまいます(汗)

配信ソフトについてはこちらにまとめました

Live2Dモデルを使った配信に必要な代表的なソフトの、使用感や価格等をまとめています。

あわせて読みたい
Live2DモデルをVTuber配信やアニメ映像として使う方法 Live2Dを使ってアニメ制作もVTuberまでやりはじめたイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 イラストのイメージを損なわずキャラクターを動かせるのがLive2Dです...

Live2Dはトライアル期間が長くてオススメ

道具がある程度そろっていて出来ることに納得できたら、まずは試してみるのをオススメします。

初回体験でPRO版全機能をたっぷり試せますし、購入となっても月額・年額を選べるので使いたい時だけ料金を支払う事もできます。

Live2D公式の販売ページはこちら

無料の初回トライアル期間では「PRO版」全機能を42日間も試せます!

さらえみ

42日間あれば試しに1体は作れるはず…!

購入する場合は年間だと月額より40%近くオトクです。使えば使うほど年々割引が効きます。

学生さんなら学割もあります。

live2d.com
Vtuberを作る方法は3Dだったり色々とありますが、イラストの良さや雰囲気を壊さず動かしたいならLive2D。イラストが描ける人には扱いやすいソフトです。

こちらも参考にどうぞ

あわせて読みたい
キャラクターアニメーションツールLive2Dのメリットとデメリット Live2DをVTuber作りやアニメーション作成にも使っているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 昔は趣味で触っていたLive2Dですが、現在は仕事でのアニメーショ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる