初心者でも作りやすい!ミニキャラのLive2Dモデルを素早く最短で作る方法

  • URLをコピーしました!

Live2D初期の頃から触っていた、さらえみ(@saraemiii)です。

Live2Dモデルの作り方について、まだまだ奥深い沼ではありますが…だいたいの機能を把握できました。

しかし最初から作るには工程が多く初めて作る人にはものすごいハードルがあります😥

そこで今回は、多くの初心者が低いハードルでLive2Dに触れられないか…最短で作る方法は無いかと調べてみました。

もくじ

公式チュートリアルで配布されているテンプレートを使う

公式がチュートリアル内で配布しているテンプレートを使えば、ミニキャラであれば最速で作ることが可能です。

PRO版を使用します

今回試してみたところFREE版ではパラメータ数でエラーが出たため、PRO版が必要です。

PRO版アカウント発行はこちら

体験版では無料でPRO版が42日間も使えるので、今回の方法なら何体か作れると思います。

live2d.com
Vtuberを作る方法は3Dだったり色々とありますが、イラストの良さや雰囲気を壊さず動かしたいならLive2D。イラストが描ける人には扱いやすいソフトです。

公式テンプレ「PSDデータ」をダウンロード

↑こちらのLive2D公式ページの「テンプレ用データダウンロード」からPSDデータをダウンロードします。

うまくダウンロード出来ない時はブラウザを変えて試してみてください。

さらえみ

私の時はGoogle Chromeではダウンロード出来ず、Firefoxでダウンロードできました。時期によって直っているかもしれません。

ダウンロードしたzipを展開

zipを展開すると2種のpsdが現れます。

どちらを使用しても大丈夫ですが、今回は「女の子」を使用しました。

PSDデータを元にキャラクターを作画

psd開くとこんな感じ

psdデータを開くと上図のように、いろんなレイヤーとガイドが含まれています。

レイヤー構成

フォルダの中身は非表示の「(例)パーツ」が入っておりどのようなパーツ分けが必要かがわかるようになっています。

これを見ながらパーツ作成できるので、初心者でもイラストを作画しやすいです。

慣れないうちは、サイズや位置はガイドに合わせて作画したほうがLive2Dでの作業が短縮できます。

特殊なパーツに注意

テンプレートでは旧式のモデリングにあわせたレイヤー構成になっています。

そのため現在では見慣れないパーツも存在しています。

まぶたパーツがある

上まぶた・下まぶたと目をカバーするパーツが存在します。

目の形がテンプレートと同じであればまぶたパーツもそのまま使うほうがミスが少なく済みます。

上唇パーツ
下唇パーツ

口のパーツも複雑な形をしています。

テンプレートの「(例)パーツ」では無くなっていますが口の線は上唇・下唇両方に表示させます。

口パーツは現在も同様に作成するのが主流です。

テンプレート機能を適用

作画が出来たらLive2Dへ反映させていきます。

レイヤーをパーツごとに結合

psdデータで作画できたら「*」印のついていないフォルダの中身を結合し1パーツ1レイヤーずつにしていきます。

さらえみ

結合前と結合後にpsdデータを分けて持っておくと後から修正しやすいです。

公式スクリプトを使って一気に結合!

今回パーツ数は少ない方ですが、ソフト「Adobe Photoshop」と公式が配布している「専用スクリプト」を使えば一気に結合できます。

Photoshop内で使えるスクリプト

スクリプトをPhotoshopにインストール。

作画したpsdデータを開き、結合したくないフォルダに「*」印を付けます(※今回使用した公式のテンプレpsdデータには最初から付けられています

スクリプト使用前後

ファイル→スクリプトから「Live2D_Preprocess」を実行すると、一発でパーツごとに統合することができます。

AdobePhotoshopの詳細はこちら

スクリプトはPhotoshop専用なのでソフトが必要です。

お高いですが…デジタルデータを扱うクリエイター仕事には必須のソフトでもあるので、その道目指す方は検討してみても良いかと。

adobe.com

PSDスクリプト「Live2D_Preprocess」のダウンロードはこちら

Live2D Cubism
Photoshop用スクリプト ダウンロード - Live2D Cubism Photoshop用スクリプトをダウンロードできます。Live2D_PreprocessとLive2D_Cleaningの機能をご利用いただけます。

Live2D上でテンプレートを適用させる

PSDをドラッグ&ドロップ

1パーツ1レイヤーずつに出来たらpsdデータを「Live2D Cubism Editor」にドラッグ&ドロップします。

ドロップしたところ

上図のように作画したイラストが表示されます。

テンプレートを適用

「ファイル」→「テンプレートを適用」を選択します。

テンプレートモデルを選べる

テンプレートモデルを選ぶ窓が出てきます。

今回はミニキャラ女の子のテンプレを使ったので「こはる(SDキャラクター)」を選びます。

テンプレートと重なった表示

「レイアウトパラメータ調整」でイラストとテンプレートが重なった状態が表示されます。

一見できてるように見えるが

上部のボタンで切り替えられる「テンプレート適用プレビュー」で動いた時の状態が見れます。

ちょっとしたホラー状態に

一見できてるように見えても動いてみるとズレていたりするのでこれを直していきます。

パーツの大きさが違う時は…

パラメータである程度大きさの調整ができる

テンプレートよりパーツが大きい・小さい・位置が違うという場合…

レイアウトパラメータ調整」の「値リスト」でテンプレートモデルのパーツの大きさや位置を合わせることができます。

合わせておくと「テンプレート適用プレビュー」でズレる事が少なくなります。

テンプレート機能内で構成を調整する

パーツと動きが合っていないのはテンプレートとのリンクがズレているからです。

これを直していきます。

まぶたに白目がリンクしていた

パーツにカーソルを持っていくとテンプレートと自作イラストでどのパーツがリンクしているかが分かります。

今回は自作側のまぶたがテンプレートの白目にリンクしていました。

まぶたパーツをクリックすると窓が出現するので「右上まぶた」を選びます。

本来あわせたいパーツを選ぶ

テンプレート側のまぶたその周辺パーツを選ぶと同じく窓が出現するので、こちらでも「右上瞼」を選びます。

これできちんとまぶたが閉まるようになります。

同様にパーツを確認していく

モデルビューにカーソルを持っていくと、どのパーツにリンクしているか表示されます。

これを確認しながら、テンプレートパーツとのリンクを調整していきます。

ほぼ完成

このパーツとのリンクを調整していくと上図のようにほぼ完成状態にまでなりました。

目の形がおかしかったり、頬の色が目より前に出ていたり、微細な部分はキレイとは言えない状態です。

これはテンプレート適用後に調整します。

テンプレート窓の下部にOKボタンあります

これでテンプレート機能での調整は完了ですので、窓の下部にある「OK」ボタンをクリックします。

Live2D上で構成を調整する

パラメータやデフォーマが設定されています

パラメータが全て設定されほぼ完成しましたが、ここからは微細な部分を調整していきます。

テンプレート機能のみで出来た場合は動作確認して問題無ければ完成です!

クリッピングで表示範囲を指定

なにかと便利なので白目の範囲だけ黒目が表示されるように設定します。

左目玉に左白目のIDをコピペ

パーツのインスペクタタブを編集します。

  1. 左白目のIDをコピー
  2. 左目玉のクリッピングにペーストして完了
ざっくり言うとこんな感じになる

今回まばたきに使っている「上まぶた」パーツはそのまま残します。

マスク反転でパーツ被りを解消

髪の影が目に突き出ている…(汗)

右目に影がかぶっていたので右目だけに被らないマスクをかけます。

目でクリッピング&反転

パーツのインスペクタタブを編集します。

  1. 右白目のIDをコピー
  2. 髪影のクリッピングにペースト
  3. すぐ下のマスクを反転にチェックを入れて完了
ざっくり言うとこんな感じになる

今回「まぶたパーツ」があるので、様々な対処法がある中でこの方法を取りました。

複数指定もできる!

両目とも影被りを無くしたい場合は上図のように「,」で区切って両目のIDをペーストします。

描画順で前後関係を編集

パーツ被りを「描画順」で前後関係を編集して解消する手もあります。

頬が目の上やらまぶたの下やらになってしまう…

パーツのインスペクタタブを編集します。

  1. パーツの「描画順」をクリックすると数値パネルが出ます
  2. 特定のレイヤーより前に出したい場合は、特定のレイヤーに付いている数値より大きい数値に設定
  3. 逆に後ろに表示させたい場合は小さい数値に設定します

変形したパーツの調整

ぐちゃぐちゃに変形しているパーツをできるだけキレイに調整します。

閉じ目がくちゃくちゃ
矢印ツールを選ぶ

矢印ツールを使うので選びます。

動かした状態で編集したいパーツを選ぶ

パラメータを動かして編集したい○キーで止めます。

調整したいパーツを選びます(今回は「まつげ」)

パーツを選ぶとメッシュが表示されるのでこれを触って納得いく形に整形させていきます。

今回の方法ではバッチリキレイに整形するのは難しいです

メッシュを引き直して整形したり、パーツを切り替えたりする方法もありますが、手間がかかり初心者には難しいかもしれないので割愛しました。

もっとクオリティ高いものにチャレンジしたい場合はこちら

面倒だけどキレイに作れる方法はこちらにまとめています。

あわせて読みたい
Live2Dで目のまばたきを綺麗に作る方法 Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2Dモデルの作り方をひとつずつまとめています。 1番注目されて複雑な構成になるパーツは「目」...

動作確認

完成したらLive2D上で動作確認します。

Live2D上で動かして確認

パラメータを触って動かすか、画面右下にある「▶」再生マークで「ランダムA」「ランダムB」「ランダムポーズ」から指定したランダム動作を再生できます。

再生してみてまだ調整したい時は前の作業に戻ります。

デフォルトに戻したい時は・・・・

「デフォルト設定値に戻す」でリセットできる

「パラメータ」右上にある三本線アイコンをクリックすると現れる「デフォルト設定値に戻す」を選択します。

テンプレート機能の使い方はこちらでも詳しく解説

こちらでは「公式テンプレpsdデータ」を頼らずに作っているのでかなり調整が必要になります。

あわせて読みたい
Vtuberモデルをすぐ作れる?時短にもなるLive2D「テンプレート」機能 制作のためにLive2Dを学んでいるイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2Dモデルの作り方をひとつずつまとめています。 今回はイラストさえあれば一瞬でモ...

もっとこだわって作りたいならこちら!

本格的にオリジナルのLive2Dモデルを作りたい人には作り方をまとめた↓こちらが参考になると思います。

さらえみblog

用途によって次の工程へ

今回作ったLive2Dモデルは、通常作ったものと同じようにいろんな用途に活用できます。

VTuberとして使う

VTuberとして使う場合はLive2Dに適応した「トラッキングソフト」が必要です。

トラッキングソフトは色々あるので↓こちらにまとめています

あわせて読みたい
Vtuberになれるトラッキングソフト4種比較!FaceRig/Animaze/Vtube Studio/nizima LIVEの違い VTubeトラッキングソフトを一通り試したイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2DなどのVTuberモデルを動かすために必要なのが、カメラを通してキャラと連...

アニメーションの素材として使う

VTuberとして使う以外にも、アニメーション映像の素材としても使えます。

Live2D上で動かしてムービー書き出しする方法はこちら

あわせて読みたい
Live2Dソフト内でモデルのリアクションやアニメーションを作る方法 Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2Dで作成したモデルはLive2Dのソフト内でもアニメーションをつけることができます。 アニメー...

映像作りに有名なソフトAdobeAfterEffectsで使用する方法

あわせて読みたい
Adobe After EffectsでLive2Dモデルを動かしたい時の使い方 Live2DとAfter Effectsでアニメーションを作っている、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2Dで作成したモデルはAdobe After Effectsでも操作できるようになります。 映像...

まとめ:初心者がとにかく最短で作ってみたい時にオススメ

今回「とにかくできるだけ最短で作る」をテーマに解説してみました。

ミニキャラに限定されてしまいますし、クオリティは劣りますが、初心者が手軽にLive2Dモデル作るには最適な方法だと思います!

さらえみ

このチャレンジを機に自作キャラクターを動かすのが楽しくなったら、本格的な作り方にもチャレンジしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる