イラスト制作のご相談・ご依頼はこちら ▶

Live2DのVtuberモデルにショートカットで表情変化させる「.exp3.json」「.motion3.json」の作り方

  • URLをコピーしました!

Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。

Vtuberとして動かす時にショートカットキーでリアクションさせることができます。

そのためには、リアクションさせたいアニメーションを作り専用の組み込み用ファイルを作成する必要があります。

今回は専用の組み込み用ファイル「.exp3.json」「.motion3.json」の作り方を紹介します。

さらえみ

ファイル名がたくさん出てきて結構ややこしいです!
が、これが設定できるとVtuberキャラクターにいろんな独自の動きをつけられます。

もくじ

「.exp3.json」「.motion3.json」とは?

Vtuberとして動かす際にショートカットキーで表情変化やポーズをさせたい時に必要な、Live2Dモデルの組み込み用データファイルです。

トラッキングソフト「nizima LIVE」にて
「.exp3.json」を設定できる項目がある

主に表情は「.exp3.json」それ以外のいくつもの動作を設定したモーションは「.motion3.json」が指定されています。

組み込み用データをショートカットキーに設定する方法は…?

Vtuberになれるソフト…トラッキングソフトの種類によって設定方法は違います。

各種トラッキングソフト紹介を参考にしてください。

Live2D Viewerを使って「.exp3.json」データを作る方法

表情変化させる「.exp3.json」データを作成します。

「.moc3」ファイルを書き出す

Live2D Cubism EditorでLive2Dモデルを開きます。

moc3ファイル書き出し

「ファイル」→「組込み用ファイル書き出し」→「moc3ファイル書き出し」を選択します。

書き出し設定例

書き出し設定は、使いたいトラッキングソフトによって違う場合もあります。

事前にソフトを選んでおくと失敗しなくて済みます。

「OK」をクリックすると「.moc3」ファイル含めたいくつかの組み込み用データが書き出しされます。

Live2D Viewerで表情を作り「.exp3.json」データを書き出す

Live2D Viewer

Live2Dのもうひとつのソフト「Live2D Viewer」を開きます。

Live2D Viewerでモデルを開く

書き出して出来た「.moc3」ファイルを開きます。

「ファイル」→「追加」→「表情」

「ファイル」→「追加」→「表情」で名称設定をすると、空の「.exp3.json」が出来上がります。

左上の枠に「.exp3.json」が並ぶ

左上の枠から編集したい「.exp3.json」を選びます。

左下の欄を編集する

左下の欄で付けたい表情にパラメータを移動させます。

フェードイン・フェードアウト欄は、表情が切り替わる時間を設定できます。

右クリック「保存」

左上の枠の「.exp3.json」を右クリックして「保存」で「.exp3.json」に動きが保存されます。

フォルダ右クリック

フォルダを右クリックして「全ての表情を保存」で、指定フォルダへ一気に「.exp3.json」を出力することもできます。

まとめて出力されます

より複雑な動きをする「.motion3.json」を「.exp3.json」に変換する方法もあります。

下記↓で説明しています。

「.motion3.json」データを作る方法

いくつもの動作を設定できる「.motion3.json」データを作成します。

専用のアニメーションを作る

「.motion3.json」用にアニメーションを作ります。

アニメーションを作成する方法は↓こちらが参考になります。

アニメーションの作り方はこちら

Live2D Cubism Editorを使って「.exp3.json」「.motion3.json」用のアニメーションをシーン別に作ります。

あわせて読みたい
Live2Dソフト内でモデルのリアクションやアニメーションを作る方法 Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2Dで作成したモデルはLive2Dのソフト内でもアニメーションをつけることができます。 アニメー...

作ったアニメーションを「.motion3.json」として書き出す

書き出したいシーンを選択

「シーン」タブにて、アニメーション作成時に作ったシーンから書き出したいシーンを選びます。

「モーションファイル書き出し」

「ファイル」→「組込み用ファイル書き出し」→「モーションファイル書き出し」をクリック。

「モーションデータ設定」

「モーションデータ設定」ウィンドウが出るので、対象モデル等を指定して「OK」を押すと「~.motion3.json」保存ができます。

「書き出しシーン設定」「全シーンを出力」にすると、対象モデルに付随している全シーンが複数の「~.motion3.json」として一気に保存できます。

「.motion3.json」を「.exp3.json」データにする方法

「.motion3.json」で作ったアニメーションを「.exp3.json」に変換することができます。

Live2D Viewer

Live2Dのもうひとつのソフト「Live2D Viewer」を開きます。

Live2D Viewerでモデルを開く

「~.motion3.json」のモデルの「.moc3」ファイルか「.model3.json」ファイルを開きます。

さらえみ

「.motion3.json」「.model3.json」と似たファイル名なので気をつけて!

表情用モーション読み込み

「ファイル」→「読み込み」→「表情用モーション」を選び、作成した「~.motion3.json」ファイルを読み込みます。

左上のウィンドウに「~.exp3.json」が追加

読み込みに成功すると、左上のファイル一覧に「~.exp3.json」が追加されています。

「~.exp3.json」 のある「expressions」フォルダーが出現

モデルを置いてある場所にも 「~.exp3.json」 のある「expressions」フォルダーが出力されています。

これで「~.exp3.json」作成が完了です。

「Live2D Viewer」で「.motion3.json」のアニメーションを確認する

Live2Dのもうひとつのソフト「Live2D Viewer」で「~.motion3.json」に含まれたアニメーションを確認できます。

Live2D Viewer

「~.motion3.json」のモデルの「.moc3」ファイルか「.model3.json」ファイルを「Live2D Viewer」で開きます。

「~.motion3.json」を直接左上のフォルダやファイルが並んだウィンドウへドラッグします。

「~.motion3.json」をドラッグするとこのような画面に

「motions」フォルダーに表示される「~.motion3.json」を選択すると、下部に「再生」ボタンが出てプレビューできるようになります。

「.exp3.json」「.motion3.json」が出来たらトラッキングソフトへ反映

Vtuberになれるトラッキングソフトは数々の種類があります。

各ソフトによって設定方法が違うので選んで参考にしてください。

あわせて読みたい
Live2Dモデルを動かす「nizima LIVE」の使い方 Live2D制作をはじめたイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2DでVTuberのように動かしたい時に使えるソフトが、nizima LIVEです。 nizima LIVEは、WEBカメ...
あわせて読みたい
Live2Dモデルを動かす「VTubeStudio」の使い方 Live2D制作もしているイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 VTubeStudioは、WEBカメラを通してLive2Dキャラクターを自分の動きにシンクロさせる事ができるソフ...
あわせて読みたい
自作のLive2Dモデルを動かす「Animaze by FaceRig」の使い方 Live2D制作をはじめたイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2DでVTuberのように動かしたい時に使うソフトが、Animazeです。 Animazeは、WEBカメラを通して...

どのトラッキングソフトが良いか迷ったらこちら

有名ソフト4種を比較しています。

あわせて読みたい
Vtuberになれるトラッキングソフト4種比較!FaceRig/Animaze/Vtube Studio/nizima LIVEの違い VTubeトラッキングソフトを一通り試したイラストレーター、さらえみ(@saraemiii)です。 Live2DなどのVTuberモデルを動かすために必要なのが、カメラを通してキャラと連...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ