キャラクターがその場でジャンプするアニメの作り方

寝泊まりしながら働いていた元アニメーターの、さらえみ(@saraemiii)です。

トレースOK!というのもあって、このミニキャラアニメシリーズじわじわ好評になっています。

このシリーズは、プロじゃない方でも楽しんで作れそうなものを出していっています。

さらえみ

キャラが動くのって生きてるみたいで楽しいと思うんですよね⁉

今回はアレンジも効きやすくぴょんぴょん跳ねる様子がたのしいアニメーションです。

1番最後にトレース条件がありますので読んだ上で利用いただけるとうれしいです!

もくじ

今回はその場でジャンプ(バンザイ!)するアニメーション

最大6枚で出来ています

髪がふわっとなって滑らかに見えやすいのがこれくらいの枚数です。

今回は省略できる部分も説明します!

TVアニメなどプロの現場では、こだわりによってはもっと枚数増やす事もあります。

今回使った絵は全部でこれだけあります

1番下の「トレースOKの条件」を見てから利用してくださいね!

立ち絵
しゃがみそうな動き…
しゃがんで
飛ぶ!
髪の毛ふわっ!
下がりつつも髪の毛は1番浮いています!

以上の6枚を使って、飛んでバンザイするアニメーションが出来ています。

⑥から①に戻る間に、②を入れてより滑らかな動きになるようにしています。

基準となる絵(原画)はこんな感じ

1枚ずつ順番にトレースしてもらっても良いのですが、どういう作りかが分かると描きやすくなります!

ゼロから作る際はいきなり全部描こうとせず、基準となる絵(TVアニメで言う「原画」)を描いてから、その間の絵(TVアニメで言う「動画」)を描きます。

立ち絵

普通に立っている絵です。

今回は髪の毛を足して「ふわっと感」が出るようにしています。

服装にも同様に「ふわっと感」をつけるとリアルな感じになります!

しゃがんでる絵

このしゃがむ絵を入れるのと入れないのとでは、飛んでいる印象が全然変わります。

…ので、是非いれてみてください。

飛んでる絵

これがないと始まらない絵ですね。

バンザイ!にしたのは、楽しく、より飛んでる感を出すためです。

立ち絵とは違うポーズのほうがよく動いているように見えます。

間に入れる絵(動画)はこんな感じ

①と③の間の絵

しゃがむ途中の絵です。

これが無いとパカパカしてアニメーションっぽくはならないので、入れたほうが良いです。

厳密に言うと①と③の中間ではなく、③に近い絵にはなっています。

⑤の前の絵
⑤の後の絵

⑤の前後にこの2つの絵を入れています。

パッと見「何が違うの…?」ってなりそうですが…

  • ④も⑥も⑤より若干下がっている(⑤が1番高く浮いている)
  • 手を若干下ろしている(⑤で1番手を上げているようにしてる)
  • 髪の毛が⑥で1番浮くようにしている
  • ④⑤⑥でキャラの滞空時間を取っている

という違いがあります。

省略ポイント!

この④・⑥を⑤だけで済ませてもジャンプしているようには見えます。

⑤の絵を高さ変えたものを④・⑥にしても良いと思います!

でも、上記のように少し動作を変えている④・⑥を入れるとちょっとリアルに見えるようになります!

①に戻る前に②を入れています

⑥と①に戻る間に②を入れる事で、なめらかに立ち絵に戻れるようにしています。

せっかく描くならここでも利用しちゃいましょう。

②が無いとビターン!と止まる印象になってアニメーションらしさが失われます。

こういうアレンジもできそう!

今回は「バンザイ!」にしていますが、ジャンプしている滞空時の④⑤⑥を好きなポーズに変えると、オリジナルなジャンプアニメーションが出来るはずです。

こちらの動画はトレース・模写OKです!

既に様々なところでご活用いただいています!連絡ナシでトレース・模写OKです。

もしお役に立ちましたら、このページをSNSや使用箇所にてリンクを付けて紹介していただけるとめちゃくちゃうれしいです。

無償・販売物問わずOKですが、使用して生じた問題については一切責任を負いません。

トレース・模写ではなく、当サイトの画像や情報そのものを転載・販売することは禁止しています。

このような条件にさせていただいた理由は…「ぜひ使ってほしいけれど連絡の手間は取らせたくない…でも無条件で使われるのを見つけてしまうと悲しくなる(ノД`)ウッ」と思い、シェアいただけたらOK♪としております。

さらえみ

😆たくさんのシェアをいただき本当にありがとうございます!
動くときっと楽しいと思いますんで、いろんなキャラをアニメーションにしてみてくださいー!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる