Adobe Creative Cloud 仕事・用途別おすすめソフト

仕事でイラスト描いたりアニメーション作ったりデザインもする、イラストレーターさらえみです。

制作のお仕事にはAdobe製品を使っています。フリーランス時代はもちろんですが、会社員時代、学生時代にもお世話になっています。

クリエイターには必須のソフトが詰まったAdobe製品、世界のトップでも使われているソフトでもありコンプリートプランは年間65,000円以上もする、決して安い買い物ではありません。

私は、今でこそ仕事に必要なためコンプリートプランを利用していますが、事業の開発用途によって全部とはいきませんし、学生さんはなるべくリーズナブルに利用したいのではと思います。

Adobe以外のソフトを利用する手もありますが、クリエイター職に就くなら使っていない会社は無いので早めに慣れておいたほうが良いです。

画像加工からイラスト、アニメーション制作、会社員からフリーランスと様々な経験してきた私なりに、各種情報や職業別に必要なソフトをまとめてみました。

Adobe Creative Cloudとは?


Adobe製品ソフトを利用したい場合に、登録しクラウド経由でソフトをダウンロードして利用するサービスそのものを指しています。

個人・法人・月額・年額・フォトプラン・単体プラン・コンプリートプラン、学生教職員価格・・・と様々なプランがあります。

・たまにしか使わないなら月額がお得

・半年以上使うなら年額がお得

・3つ以上ソフトを利用するならコンプリートプランがお得

購入すると2台まで利用できますが、同時起動はできません。
1つ買ったら全社員に・・・とはいかないようです。

なぜAdobe Creative Cloudを使うのか

もう学生時代から数十年Adobe製品のお世話になっています。
個人で仕事をしている現在もAdobe製品、Creative Cloudを利用している理由は以下の通り。

マンガのみイラストのみなら必要無いかもしれませんが、クリエイティブ業界に就職したり深く関わるのであれば必須のソフトです。

クリエイター御用達の制作ソフト世界規模で独走状態

海外の映画制作現場でも使われていてライバルになるソフトも無い、おそらく業界一使われているのがAdobe製品です。

PhotoshopやIllustratorなどひょっとしたら20年くらい利用しているAdobe製品もありますが、それでも全機能は使いこなせていないくらい1つ1つのソフトが高機能です。

取引間で必ず存在するので安心してデータのやり取りできる

どこの制作会社でも使われているソフトなので、データが開けないなどのトラブルが少なく安心してやりとりできます。

ソフト全種そろっている所は無くても昔からあるPhotoshopやIllustratorは大概の制作会社で使われています。一般企業だと馴染みは無いかもしれません。

Creative Cloud だとバージョン互換に対応できる

高価なソフトなので会社によっては古いバージョンを使い続けている場合もあります。

常に最新版を使えるCreative Cloudだと古いバージョン用のデータに書き出すことも可能なので、様々な会社とスムーズなやりとりがしやすくなります。

個人事業として取引しているとこれは凄く実感しています。

業務の効率化・パワーアップが簡単にできる

下記にも紹介していますが、商用可能なフォントやPCとモバイル間でのデータ共有など、効率化が図れます。
フォントは商用かどうか確認したり追加費用がかかったり、データ共有も別のソフトを介して時間がかかったり、実制作外の本来手間のかかる部分が楽になります。

Adobe製品は一番使われているためプラグインやブラシや効果などのプリセットなど、追加機能が豊富に存在するのも制作に助かっています。

オプションや特典がある

Adobe Creative Cloudを利用すると付いてくるオプションが沢山あります。
仕事に欠かせないものから、ちょっと試してみると便利かもしれないものまで揃っています。

Creative Cloud ライブラリ

通称CCライブラリ。細かい指定をすることなく簡単にデバイス間のデータ共有ができます。

Adobe Fonts

商用利用可能なフォントが使い放題。Adobe製品内なら一度の指定でどれでもすぐに使えるようになります。
お試し的に配信されているものもありますが、かなり種類が豊富でクオリティも高く、私もすごく重宝しています。

Behance

自分の作品を掲載し世界中の人々に見てもらえるクリエイター向けSNSです。

私もBehance経由でいくつか海外から連絡いただいた事があります。
登録者数も多いので、英語表記にしておく、作品の見せ方に気を使うなどの工夫は必要そうです。

Adobe Portfolio

簡単にPortfolioサイトが出来るサービスです。

オシャレなサイトが出来るのでCreative CloudユーザーでWEB苦手ならチャレンジしてみる価値あり。

Creative Cloud ファイル

ストレージサービスが利用できます。

コンプリートプランおよび単体プラン版の場合は100GB用意されており、有償で追加もできます。
最大10TB・・・!バックアップに使いたい容量ですね。

Adobe Stock

写真や映像やイラストなどの高品質素材を提供しているサービス。
10点までは初回無料で利用できます。

このページのサムネイルもAdobe StockでGETした画像です。
種類はかなり豊富。どれも使いたくて迷ってしまうレベルです。

多彩なモバイルアプリ

アプリをダウンロードし同じIDでログインすることで、スマホやタブレットでも使える製品が存在しています。

PCと似たような事ができてちょっと便利なアプリ。
2019年現在は以下のようなラインナップです。アプリの種類は年々変わっている気がします。

公式サイトより

Photoshop MixでSNSアップする写真やイラストデータにウォーターマークとかちゃちゃっと付けたり、Premiere Rushで簡単な動画編集、PhotoshopSketchでラフ作成など、個人的にはこのあたりが重宝しています。

ライブラリ共有もできるのでPC⇔モバイル間で同じデータを扱うこともできます。

コンプリートプランでしか使えないソフトがある

Lightroom

フォトプランにも含まれていますが、単体では導入できません。

写真編集に特化したソフトで、Photoshopほどの編集機能はありません。
明るさやノイズなど本来の写真現像に必要な工程が出来て大量の写真管理も出来るため、写真家に必要なアイテムのようです。

とはいえスマホで非クリエイターの方でもたくさん撮りますし、個人事業主が営業資料用に使うのもアリかと思います。

Character Animator

簡単にリップシンク(口パクに合わせる)ができるキャラを作れるソフト。

LIVE配信などもできて何気に高性能。簡易的にキャラでのお喋り配信したいなら良いかもしれません。

▼Character AnimatorはVTuber作りに試してみました。

うーん、このソフトでクオリティ高いキャラクターを合わせるのは難しそうなので、面白いけれど今のところは仕事では使わないかも。

職業別おすすめAdobe製品

クリエイティブな業務がメインの会社だと必ずAdobe製品は使います。
私が経験してきた仕事の範囲内で、主にどのソフトを使うのか紹介していきます。写真家やWEBは範囲外になります。

イラスト制作にオススメなソフト

イラストだけもしくはマンガだけを制作するなら他社製のほうが使いやすいです。
Adobe製品は日本的なイラストやマンガに特化しているワケではありません。

ですが、会社に就職して制作していく、個人事業でデザインも担当するとなると、『Photoshop』必須、できれば『Illustrator』も使えると良いです。

Photoshopは他にも色々出来ますが、文字を入れたり装飾したり画像を加工するには必須。

Illustratorは慣れないとイラスト作画には使いにくいですが、作図した後でも大きさを自由に変えられるので、絵を描くために使う人があまり居ないこともあり、Photoshopだけ使える人よりも就職に有利になります。

ポスターやパッケージなどデザイン業に必要なソフト

・Photoshop
・Illustrator

上記は必須。デザイナーでこの2つが使えない人って要るんだろうか・・・そんなレベルです。
私もデザイン業務では必ず使っています。

これに加えて雑誌などのDTPなら『InDesign』は必須、パッケージデザインなら『Dimension』で3Dプレビューできるのが便利なので余裕あれば触れると良いかも、WEBなら今は『Adobe XD』がアツくて『Dreamweaver』は使えると良いのかも?(・・・WEB業界は詳しくないです)・・・といった感覚です。

アニメやCMなどの映像制作業に必要なソフト

現場の役割によって変わりそうですが、私の経験上ではこんな感じ。

Photoshopは何かと便利なので必須。
簡単な画像加工くらいは出来て当然かなと思います。

After Effectsは高度な映像制作ができるので、CG映像(VFXとか)・エフェクト担当や、アニメやゲームやCMのデジタル業務に所属したいなら絶対要るはずです。
イチから使えるようになるのは大変ですが、私が会社員やってた時代よりはるかに指南してくれる講座や動画が増えていて、チャレンジしやすくはなってるはずです。
今後、動画の需要は高まる一方なので、After Effectsをマスターすると仕事には困らないと思います。

CMなどで撮影した映像を編集する場合はPremiere Proが活躍します。
私は全く使ったことが無いです。自ら映像撮影されるプロがPremiere Proを活用されています。

加えてIllustratorも使えると作図が出来て便利かも・・・といったところです。
PhotoshopやAfter EffectsでもIllustratorのようなパス作図は出来ますがIllustrator程のクオリティは作りにくいです。

▼After Effectsを使った映像制作はこちらが参考になります

よりリーズナブルに購入するには

単体でもそこそこ高価なAdobe製品ですが、リーズナブルに購入できるチャンスがそこそこあります。
よほどの事情が無い限り定額で買わずにセールを待ってみるのをオススメします。

学生教職員版


学生や教員の場合はリーズナブルで中身通常版と変わらない「学生教職員版」が利用できます。

専門学校職員、非常勤講師、提携スクール通いでも必要書類で証明できれば利用できます。
学生や教員やってるうちに購入したほうがお得ですし、他の社会人でも通常購入よりお得に通える提携スクールが存在しています。

Amazonセール


年に2回程開催されているAmazonの大規模セールでCreative Cloudが安くなってる時があります。

私は一度Amazonセールと下記の公式セールが被った時にかなりお得に購入した事があります。
滅多に二重にセールになることは無いと思います。

Adobe公式セール

Adobe公式がセールしていることがあります。
これまでは大体20~40%程お得になっています。不定期なものの年に複数回セール開催している印象です。

イラストレーターさらえみ は
キャラクター/イラスト/アニメーション関連の仕事を承っております

▽依頼に関する詳細を見る▽
▼ご依頼ご相談をする▼
アニメーター経験のアレコレをマンガで読める